交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

窃盗で示談をする方法とメリット|示談金相場のリアルデータ

窃盗の被害者と示談をしたいが話ができない…」「示談をしようにも窃盗の示談金相場がわからない…」 窃盗事件を起こしてしまい、被害者との示談でお困りの方は、こちらのページをご覧ください。

窃盗で示談をするメリット、上手な示談の進め方、窃盗の示談金相場などについて解説しています。 アトム法律事務所が過去に取り扱った窃盗事件のデータをもとに、示談成功率や示談金相場のリアルな数値も公開しています。

窃盗の示談を弁護士が解説

示談のメリット|示談成功率は67%!?

窃盗は被害者と示談することで、早期に釈放される、刑事処分が軽くなる、などのメリットが見込めます。ただし、窃盗を行った本人と被害者が直接示談をまとめることは困難な場合が多いです。そこで、示談交渉の経験が豊富な弁護士に依頼し、スムーズに示談交渉を進めることが重要になります。

窃盗事件で示談交渉を行った156件のうち、示談が成立したのは104件(67%)でした。※アトムの解決実績から抜粋

示談交渉人数(被害者の方の人数)ごとに集計した数値です。

窃盗の示談金相場|示談金相場は30万円!?

窃盗の示談金相場は、被害額の大きさや行為の頻度、当事者の関係など、個別の事情により左右されます。示談金の額は当事者間の合意で決まるため、被害者が納得していれば相場より安い金額で示談できる場合もありますし、被害感情が大きければ相場より示談金が高くなる場合もあります。

窃盗で示談が成立した104件の、示談金相場は30万円でした。※アトムの解決実績から抜粋

示談金額は個別の事情により左右されるため、ご自分に近いケースをより細かく知りたい方は、弁護士にご相談ください。

窃盗で示談が重要な3つの理由

早期の示談で前科回避!不起訴を目指す

窃盗の被害者と示談を結ぶことで、前科をつけずに解決できる可能性が高まります。窃盗の刑事手続きでは、検察官が起訴か不起訴かを判断し、不起訴となれば事件はそこで終わり、前科もつきません。検索官は、被害者が示談に応じ加害者を許しているか、という点を起訴か不起訴かの判断材料にしています。

ただし、被害者との示談はなるべく早めに成立させる必要があります。検察官はいったん起訴した後で、それを取り下げて不起訴に変えてはくれません。検察官が起訴を決定する前に、被害者から許しを得て示談を結び、検察官に不起訴の判断をしてもらうための、スピーディーな対応が重要です。

早期の示談で早期釈放!依頼先は弁護士

逮捕された場合、迅速に被害者と示談を結ぶことで、早期に釈放される可能性が高まります。逮捕・勾留で被疑者の身柄を拘束するには、逃亡や証拠隠滅の恐れがある、という理由が必要です。示談によって、本人が罪を認め証拠隠滅の恐れがないことを示せば、身柄拘束の理由が低くなり、早期釈放につながります。

逮捕・勾留中の本人が被害者と示談交渉を行うのは、事実上不可能です。本人に代わって被害者と示談交渉ができるのは、依頼を受けた弁護士です。1日も早い釈放を目指すのであれば、示談交渉はもちろんのこと、捜査機関や裁判官への働きかけも同時並行でスピーディーに行える弁護士に依頼してください。

示談成立で刑事処分を軽くする!

起訴されてしまった場合でも、示談が成立していれば、略式罰金や執行猶予により、実刑を回避できる可能性が高まります。示談によって、加害者本人が深く反省し窃盗の被害者に謝罪と償いを尽くしたことを示せば、検察官の略式起訴の判断や、刑事裁判の判決において加害者本人に有利に働きます。

示談が間に合わず起訴されてしまった場合でも、刑事処分を軽くするために示談は有効です。不起訴で終わる場合と違い、略式起訴や執行猶予では、前科はついてしまいます。しかし、実刑で刑務所に入ることを回避できれば、クビや退学を回避して、社会復帰をスムーズに進められる可能性が高まります。

窃盗で逮捕後の早期釈放や、刑事処分を軽くするために弁護士が必要な理由を詳しく知りたい方は「窃盗で逮捕されたら弁護士に相談を|釈放・不起訴のヒントとは」をご覧ください。

窃盗事件に強い弁護士の見分け方

窃盗事件の解決実績が豊富であること

窃盗事件で前科をつけずに解決するためには、スピーディーな対応が最も重要です。 刑事手続きの流れをよく知り、示談や捜査機関への対応を並行で進められる、経験豊富な弁護士を探しましょう。 経験豊富な弁護士を探すためには、公式サイト等で公開されている窃盗事件の解決実績で確認するのが最適です。

連絡が取りやすく対応が早いこと

弁護士を選ぶ際に、連絡のしやすさと対応のスピードはとても重要です。 ご自分や家族の今の状況や今後の見通しを知りたい…という時に連絡がとれない弁護士では不安になりますね。 また、刑事手続きの対応に時間がかかりすぎる弁護士では、依頼者の利益を十分に守りきれない恐れが高いでしょう。

窃盗事件を弁護士に無料相談

アトム法律事務所では、24時間・全国対応の相談予約窓口を開設しています。

  • 窃盗で家族が逮捕された!
  • 窃盗がばれて被害届を出されてしまった!

そのような方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!