自動車運転過失傷害名古屋

名古屋簡易裁判所判決/平成22年(ほ)第1号

主文

被告人は無罪。

理由

1 本件公訴事実は,「被告人は,平成21年3月11日午後3時45分ころ,普通乗用自動車を運転し,福岡県北九州市門司区大字畑893番地先の信号機による交通整理の行われている交差点を直進(北進)するに際し,前方を注視して対面信号機の表示に留意し,その表示に従って進行すべき自動車運転上の注意義務があるのにこれを怠り,行き先の道順を考えることに気を奪われて前方を注視せず,対面信号機の表示に留意しないまま時速約40キロメートルで進行した過失により,対面信号機が赤色信号を表示しているのを看過して交差点に進入した自車左前部を,交差道路左方から直進してきたA(当時62歳)運転の普通乗用自動車右前部に衝突させ,よって,同人に加療約10日間を要する右側頭部打撲等の傷害を負わせたものである。」というのである。
2 そこで,本件において提出された全証拠を検討すると,被告人が上記公訴事実に当たる行為を犯したと認めるべき証拠はなく,反って証拠によれば,上記公訴事実はBの所為によるものであることが認められる。
3 よって,被告人に対する本件公訴事実は犯罪の証明がなく,刑事訴訟法336条により被告人に無罪を言い渡すべきであるから,主文のとおり判決する。
(出席した国選弁護人 寺林智栄)
平成22年11月4日
名古屋簡易裁判所
裁判官  番場忠博

▲ 刑事事件の裁判例目次にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>