1. »
  2. »
  3. 痴漢で有罪にならないために|痴漢冤罪は弁護士にご相談ください

痴漢で有罪にならないために|痴漢冤罪は弁護士にご相談ください

「痴漢事件で警察に逮捕された」「痴漢の冤罪で、犯人だと疑われている」そんなときは、迷わず弁護士に相談してください。刑事事件は、逮捕直後に有罪が確定するわけではありません。認めの事件の場合は、警察や検察官の捜査を受けている間に、弁護士に被害者対応を進めてもらうことが大切です。

また、冤罪事件では検察官に冤罪を主張するための証拠集めをする必要があります。刑事事件を熟知した弁護士に助けを求め、一刻も早く身の潔白を晴らしましょう。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
tel icon
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

痴漢で逮捕・勾留されると有罪確定?

痴漢の被疑者として逮捕されたあとの流れは?

痴漢をして警察に逮捕された場合、直ちに有罪が確定するわけではありません。有罪が確定するには、刑事裁判を受けて有罪判決が言い渡されることが条件になります。刑事裁判になるまでには様々な手続きを経る必要があるため、逮捕されてすぐに有罪確定となるわけではありません

痴漢で逮捕されると、まずは警察から取調べを受けますその後、48時間以内に検察官に引き継がれ、その後は検察官から取調べを受けます。検察官に事件が引き継がれることを「送致」といい、引き継ぎを受けた検察官は24時間以内に勾留すべきかどうかを検討しなければなりません。

痴漢の被疑者を勾留して捜査を進める必要がある場合には、検察官は裁判官に対して勾留請求を行い、勾留の判断を行うのは裁判官です。一度勾留されてしまうと、まずは10日間身動きが取れなくなりますので、その時点で社会生活に甚大な影響が出てしまうでしょう。さらに勾留が延長されることもあります。勾留が終わり、起訴されると刑事裁判という流れになります。

atom h63

痴漢で起訴されるかどうかは検察官が決める

痴漢事件を起訴するかどうかを決めるのは、検察官です。検察官には起訴する権限が与えられており、捜査を尽くした段階でどのような刑事処分を行うかを決めることができます。被疑者は、起訴されると刑事裁判を受けなければなりません。起訴後は「被疑者」から「被告人」に立場が変わり、被疑者段階で勾留されていたなら、引き続き被告人勾留に切り替わることになります。

痴漢の被告人が勾留されている場合は、保釈という手続により釈放を求めることが可能です。裁判官に保釈を請求すると、裁判官は検察官に意見を聞き、それを踏まえて許可をするか判断します。保釈請求は被告人が自分で行うこともできますが、高度な法的知識が要求されるため、弁護人が行うのが一般的です。保釈は許可されると保釈金を裁判所に納付します。保釈金は事件の内容や被告人の資力状況などを総合的にみて判断されますが、100万円を下回ることはほとんどないため、少なくとも100万円~150万円は準備をしておく必要があるでしょう。

関連記事

刑事事件の保釈金相場|保釈金が用意できない場合は?

刑事事件は「逮捕=有罪確定」ではない

痴漢事件は刑事事件です。刑事事件は刑事訴訟法という法律にもとづいて手続が進められます。逮捕されるとすぐに有罪確定となるわけではなく、厳格なルールにしたがい捜査を受け、裁判を受けなければ有罪が確定することはありません。事実上、痴漢加害者が罪を認めているからといって、「逮捕=有罪確定」となることはありません。

痴漢事実を認めていても、示談をして不起訴処分になることがあります。不起訴になれば、刑事裁判を受けることがなく、有罪が確定するということはありません。つまり、前科はつかないのです。痴漢で逮捕されると、不起訴処分を目指して弁護士に弁護活動をしてもらうことが重要になります。

関連記事

前科と前歴は違う|逮捕と前科の関係と前科のデメリット

痴漢冤罪を主張するなら弁護士の助けは必須です

痴漢冤罪で逮捕された方へ|弁護士なしで闘うのは無謀です

痴漢冤罪で逮捕された場合の対応方法についてまとめておきたいと思います。痴漢冤罪といえば、2007年1月に劇場公開された映画『それでもボクはやってない』(周防監督作品)が頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。このドラマに再現されているように、痴漢の冤罪事件は実際に当事者になると、無実を主張することがとても難しいものです。もし、冤罪で逮捕されてしまったら、すぐに弁護士を呼び、アドバイスを求めてください。「自分は無実なのだから、いずれ身の潔白が明らかになるだろう」と楽観視していると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

冤罪事件は、初動を誤ると後の挽回が難しいケースも多く、どれだけ早い段階で専門家のサポートを受けるかが事件解決の鍵になります。特に、逮捕されて否認を続けると警察の心証は悪くなり、取調べが激化するおそれがあります。それに耐えかねて自白調書がとられる可能性もあるため、取調べの受け方一つをとっても、注意すべきことがあるのです。

痴漢の冤罪事件は弁護活動に「熱意」が求められる

痴漢冤罪で有罪となるのを回避するためには、警察や検察官の心証を確認しつつ、弁護活動を進めることが必要です。逮捕されると自分の身動きがとれなくなることから、弁護士のサポートを受けることが必須になります。冤罪を主張するとなれば、それを積極的に証明するために証拠を収集する必要がでてきます。熱心に弁護活動をしてくれる弁護士でなければ、十分な活動は期待できません。

犯罪を認めている事件と比べ、否認事件の弁護活動は大きな労力を要します。映画のシーンであったように、事件現場となった電車内の人の立ち位置を確認したり、周囲の人の証言を精査したりなど、地道な作業を重ねなければいけません。

関連記事

痴漢を否認し無罪(冤罪)を主張する場合|弁護士をつけるメリット

痴漢冤罪で有罪にならないために重要なこと

痴漢冤罪事件が発生したときは、とにかく初動が大切です。被害者に対して、警察に対してどう対応するかで、その後の流れは変わってきます。仮に、事件現場からうまく離れることができた場合は、できる限り早く弁護士事務所にて法律相談を受けてください。今後の警察対応について具体的に方針を決めて行動する必要があります。

逮捕されてしまった場合は、基本的には警察は「犯人」として取調べを行います。身体拘束をされた状態での取調べは、心身共に疲弊することもあり、否認を続けることは想像以上に難しいものです。すぐに刑事事件に精通した弁護士に助けをよび、援護してもらう必要があります。

痴漢事件の有罪回避のために選ぶべき弁護士とは

弁護士のポイント①痴漢の被疑者・被告人をよく理解している

痴漢事件で有罪になることを回避するには、法律の専門家の助けは心強いものです。ここでは、どのような弁護士に相談・依頼をするべきかについてまとめておきたいと思います。まずは、痴漢の被疑者・被告人の主張に真摯に耳を傾けてくれる弁護士かどうかという点に注目してください。法律を熟知していても、事件の主人公は被疑者・被告人です。

よくある類型の痴漢事件であっても、被疑者・被告人の背景事情はそれぞれ異なります。丁寧に事情をヒアリングすれば、弁護活動に活かせる情報が増えるため、それは被疑者・被告人の利益になります。

弁護士のポイント②痴漢の被害者対応に精通している

痴漢事件で犯罪事実を認めている事件の場合、被害者対応が重要です。被害者と示談をすることで、早期釈放や不起訴処分の獲得が現実的になります。不起訴処分となれば刑事裁判を受けることなく事件を終わらせることができます。つまり、有罪判決を受けることがないため前科がつきません。

被害者の対応に精通した弁護士に弁護を依頼することで、少しでも早い事件解決を望むことができます。特に、痴漢の被害者は精神的に深刻な傷を負っている可能性があり、繊細な対応が求められます。被害者対応は対「人」ですので、コミュニケーション能力が試されるシーンといえるでしょう。

弁護士のポイント③警察・検察官の動きを熟知している

3つ目のポイントとして、警察・検察官の動きを熟知しているかどうかという点です。弁護活動は捜査機関の動きをみながら進める必要があります。被疑者から取調べの内容をきき捜査の進捗を推察したり、検察官に直接心証を確認することも必要です。積極的に捜査機関から情報を集めながら弁護活動をしてくれる弁護士には、よりクオリティの高い弁護活動が期待できるでしょう。

まとめ

痴漢事件で有罪にならないためには、事件直後から弁護士に相談することが大切です。逮捕や勾留をされたときには、当番弁護士を呼んだり、国選弁護士のサポートをうける選択肢もあります。可能であれば、家族の協力を得て、刑事事件に詳しい弁護士を「私選弁護士」として選任することを検討しましょう。痴漢で逮捕されても直ちに有罪確定とはなりません。諦めることなく、落ち着いて弁護士にSOSを出してください。

関連記事

痴漢事件の弁護士相談|痴漢加害者のための無料相談窓口

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

弁護士アイコン

監修者情報

アトム法律事務所 所属弁護士