法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑務所について<刑務所とは>

①刑務所とは

日本の刑事施設には、刑務所(けいむしょ)、少年刑務所(しょうねんけいむしょ)及び拘置所(こうちしょ)があります。刑務所は主として成人の受刑者を収容し、処遇を行う施設です。少年刑務所は、成人に満たない者を収容し、処遇を行います。拘置所は、主に刑事裁判が確定していない未決拘禁者(みけつこうきんしゃ)を収容する施設です。2008年1月現在、日本の刑事施設は、刑務所が60か所、少年刑務所が8か所、拘置所が7か所、刑務支所が8か所、拘置支所が104か所あり、合計で187か所の施設があります。これらの刑事施設は、法務省が所管しています。ここでは、刑事施設のうち刑務所について、詳しく見ていきましょう。

裁判の結果、身体拘束を伴う刑罰が確定し、その刑に服することとなった人を収容する施設のことを刑務所といいます。刑務所は、被収容者を収容し、改善更生、社会への円滑な復帰などを目的とする様々な処遇を行う施設です。 刑務所に入るのは、懲役刑を言い渡された懲役受刑者(じゅけいしゃ)と、禁錮刑を言い渡されたそれ以外の被収容者です。受刑者は作業をすることが義務付けられていますが、受刑者以外の被収容者は、作業をすることが義務付けられていませんので、作業をせず、居室内にいて読書などをして過ごすことができます。

日本では、検察庁が被疑者として受理するのべ人員は、毎年200万人以上にのぼります。そのうち懲役や禁錮の刑が確定するのは約8万5千人です。そして、そのうちの6割の人は、執行猶予付きの有罪判決となり、実際に服役はしません。残りの4割程度の人が、実際に刑事施設に収容され、その人数は毎年約3万3千人です。このように、実際に刑事施設に収容される人員は、検察庁が受理した人員の約1.6パーセントにすぎません。犯罪者は裁判にかけられたら刑務所に行く、というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際に刑務所などの施設に行く人は、犯罪者の中でも一部の人なのです。

刑務所では、なるべく似たようなタイプの受刑者を集めるために、法律で刑務所ごとの収容区分が決められています。これを収容分類(しゅうようぶんるい)といいます。

「A級」とは犯罪傾向が進んでいない者をいい、以下のすべての要件を満たす者をいいます。

  • 刑務所受刑歴がない(あっても出所から5年以上が経過している)
  • 少年院入院歴は1回限り
  • 反社会的な集団に属したことがない
  • 犯行が偶発的である(計画的ではない)
  • 過去1年以内に薬物・アルコール依存がない

「B級」とは、犯罪傾向が進んでいる者(A級以外の者)をいいます。

近年の受刑者の特徴は、高齢の受刑者や女子の受刑者の増加が著しいことが特徴です。高齢の受刑者はこの10年で2.7倍、女子の受刑者は2.5倍に増えています。また外国人の受刑者も、この10年で2倍に増加しています。

なお、新しく刑務所に入る受刑者のうち、約半数は再び刑務所に入る再入者です。そのため、ひとたび刑務所に入った者が、釈放された後に再び罪を犯さないよう、社会復帰できるように支えていくのも、刑務所の重要な課題となっています。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。