法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

少年事件について<総論>

成人が犯罪を行った場合、事件はいわゆる「刑事事件」として処理されます。
これに対して、少年が刑事事件を犯した場合を「少年事件」といいます。

少年とは「20歳に満たない者」をいいます(少年法2条1項)。
※ ちなみに、児童福祉法に規定する「児童」とは「満18歳に満たない者」をいいます。

審判に付すべき少年としては、

  • 非行少年(犯罪少年)
  • 触法少年
  • ぐ犯少年

の三類型が規定され(少年法3条)、

審判の対象となるのは、

  • 非行事実
  • 要保護性

の二つです。
※ ぐ犯少年の場合は、ぐ犯事由とぐ犯性が審判の対象となります。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。