法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

少年事件について<類型>

非行少年、触法少年、ぐ犯少年の違いとは
非行少年(犯罪少年)

「罪を犯した少年」のことを、非行少年(犯罪少年)といいます(少年法3条1項1号)。ここでいう「少年」とは、昨日説明したとおり、「20歳に満たない者」のことです。

触法少年

刑罰法令に触れる行為をした少年のうち、行為時に14歳未満であった者のことを、触法少年といいます(少年法3条1項2号)。
非行少年と触法少年とは、刑事責任能力の有無(刑法41条)で区別されています。
触法少年が発見された場合には、まず児童相談所に通告され、児童相談所を中心に手続きが進みます。児童相談所がまず事件に関与し、手続きを福祉的に進めていくことが、触法少年に関する手続きの特徴です。
重大な事件を起こしてしまった触法少年の中には、虐待や精神疾患等の複雑な背景を持つ者も多く、少年自身が過去に傷を負った経験を有する場合が少なくありません。

ぐ犯少年

法律が定める一定期間にわたる問題行為があって、その性格または環境に照らして、将来また罪を犯し、または触法行為をするおそれのある者と、ぐ犯少年といいます(漢字で書くと「虞犯少年」です)。
ぐ犯少年は、18歳以上の者であれば家庭裁判所に送致され、14歳未満の者は触法少年と同様に児童相談所に通告されます。
14歳以上18歳未満の者は、家庭裁判所に送致されるか、児童相談所に送致されるか、そのいずれかが選択されます。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。