法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

少年事件について<処分>

少年事件の処分には、不開始・不処分、保護処分、検察官送致、試験観察があります。

保護処分
保護処分には、

  • 「保護観察」
  • 「児童自立支援施設送致又は児童擁護施設送致」
  • 「少年院送致」

があります。

保護観察とは、
少年を施設に収容せず、一定の事項を遵守するように保護観察所が指導監督し、社会内処遇によって少年の改善更生を図ろうとする制度をいいます。
保護観察中の少年は、定期的に保護司宅を訪問して近況報告を行い、保護司は、少年を指導・助言するとともに、保護観察所に少年の状況を報告します。

少年院送致とは、
少年院とは、家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容し、社会生活に適応させるため、少年の自覚に訴え、規律ある生活のもと、教育等を受けさせる法務省所管の施設をいいます。
少年院は、少年の年齢や心身の状況によって、初等・中等・特別・医療の4種類に分けられており、この少年院に送られること少年院送致といいます。

なお、児童自立支援施設又は児童擁護施設に送致される少年は、実際には義務教育中の児童がほとんどで、非行性の進んだ児童は適さないとされています。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。