刑事手続き概要<起訴>

起訴

検察官が裁判所に対し、特定の刑事事件について審判を求める意思表示をすることを起訴(きそ)または公訴の提起(こうそのていき)といいます。
つまり検察官が犯罪をしたと思われる人の処罰を求めて訴訟を起こすことを起訴と呼んでいます。起訴できるのは検察官のみです。
これを「国家訴追主義(こっかそついしゅぎ)」「公訴独占主義(こうそどくせんしゅぎ)」といいます(刑事訴訟法247条)。

起訴される前は犯罪をしたと思われる人は被疑者として捜査されています。その後起訴されると、被疑者は被告人となって裁判に臨むことになります。

起訴便宜主義

検察官は、捜査の結果に基づいて、その事件を起訴するかどうかを決めます。
検察官は、捜査の結果を通して被疑者が犯人であることを立証する十分な証拠がある場合でも、犯罪の重さや犯人の性格、犯人の年齢などを考慮して、あえて起訴する必要はないと考えるときは、起訴をしないことができます。
これを「起訴便宜主義(きそべんぎしゅぎ)」といいます(「起訴裁量主義(きそさいりょうしゅぎ)」と呼ぶ人もいます)。

たとえば、少年による万引きなどの窃盗事件が起きたとします。
少年が万引きしたことは防犯カメラの映像や本人の証言から明らかとなっていますが、少年が万引きしたものが10円のお菓子で、しかもその少年がとても反省していて両親からも強く叱責を受けており、もはや起訴をすることがかえって少年の更生にとって良いとは考えられないような場合には、検察官は起訴をしない、不起訴という選択をすることができるのです。

他の国には、犯人を有罪とできるような十分な証拠がある場合には必ず起訴をしなくてはならない「起訴法定主義(きそほうていしゅぎ)」をとっている国もあります。
検察官のみが起訴をできる上、起訴するかしないかも検察官が決定することができるというところが、日本の刑事訴訟の大きな特徴であるといえます。
起訴は、公正な刑事手続を維持するために重要であると考えられているから、検察官にこのような大きな地位を与えているのです。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>