法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<保釈請求>

保釈を請求することできるのは、事件が起訴された後だけです。
したがって、逮捕された後は、通常20日間の勾留期間を経て事件が起訴されるまで、保釈を請求することはできません。

1月01日 逮捕
1月02日  
1月03日 勾留請求、勾留決定
1月04日 勾留2日目
1月05日 勾留3日目
1月06日 勾留4日目
1月07日 勾留5日目
1月08日 勾留6日目
1月09日 勾留7日目
1月10日 勾留8日目
1月11日 勾留9日目
1月12日 勾留延長請求、勾留延長決定
1月13日 勾留11日目
1月14日 勾留12日目
1月15日 勾留13日目
1月16日 勾留14日目
1月17日 勾留15日目
1月18日 勾留16日目
1月19日 勾留17日目
1月20日 勾留18日目
1月21日 勾留19日目
1月22日 起訴 ← ここで初めて保釈を請求できる。

保釈が認められない場合は、起訴されてから裁判が終了するまで、通常は短くて1~2か月の間、引き続き身柄を勾留されることになります。
保釈が認められた場合は、裁判所によって定められた住居(通常は自宅)に帰り、裁判が終了するまで通常の生活を送ることができます。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。