刑事手続き概要<裁判員裁判>

さて、みなさんが裁判員に選ばれる確率はどのくらいでしょうか?

殺人や強盗致傷など裁判員裁判の対象となる事件は、平成20年に地方裁判所が結論を下した事件数に当てはめてみると全国で2324件になります。
有権者数(平成20年9月2日現在)を基に、1事件あたり、裁判員6人と補充裁判員2人が選ばれると仮定してざっと試算した場合、全国平均で5593人に1人が裁判員に選ばれることになります。

地裁別では、

確率の高い地域
  • 1位. 堺支部を除く大阪地裁本庁:2921人に1人
  • 2位. 小倉支部を除く福岡地裁本庁:3105人に1人
  • 3位. 高知地裁:3129人に1人
確率の低い地域
  • 1位. 山形:1万7460人に1人
  • 2位. 富山地裁:1万6253人に1人
  • 3位. 金沢地裁:1万4817人に1人

ということで、地域によって実に最大6倍もの確率差があります。
確率の高い地域を全て西日本が、確率の低い地域を日本海側の寒い地域が独占していますが、土地柄と犯罪率との関連が気になるところではあります。

さて、裁判員裁判の対象となるもので、発生率の最も高い事件は何でしょうか?
答えは強盗致傷で、毎年全体の3割近くにのぼっています。

以下は、平成19年度に起こった裁判員制度対象事件の罪名別順位とその件数です。

1位 強盗致傷 695件
2位 殺人 556件
3位 現住建造物等放火 286件
4位 強姦致死傷 218件
5位 傷害致死 171件
6位 強制わいせつ致死傷 168件
7位 強盗強姦 129件
8位 覚せい剤取締法違反 94件
9位 強盗致死(強盗殺人) 66件
10位 偽造通貨行使 62件
11位 危険運転致死 51件
12位 銃砲刀剣類所持等取締法違反 29件
13位 麻薬及び向精神薬取締法違反 28件
14位 集団強姦致死傷 23件
15位 通貨偽造 17件
16位 麻薬特例法略称違反 13件
17位 保護責任者遺棄致死 10件
18位 その他 27件
  • 特別法犯(刑法以外の犯罪)については、裁判員制度対象事件に限定した件数である。
  • 上記事件数は、 地方裁判所で受理した事件の概数である。

同一被告人につき複数の起訴があった場合、起訴ごとにそれぞれ1件として計上。
(最高裁判所発行-裁判員制度ナビゲーションより)

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>