法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<交通事故直後の対処法>

事故直後の対応

突然の事故。
普段どんなに冷静な人でもパニックに陥ってしまうものです。
その結果、気が動転し過ぎたあまりにその場から逃走してしまう人が稀にいます。
しかし、逃走すると救護措置義務違反・事故報告義務違反等の罪に問われてしまいます。
事故直後は、深呼吸をして気を取り直し、次回以降に掲げる6つのことを必ず行うようにしてください

(1)怪我人の救護

まず怪我人がいる場合、安全な場所に運び、救急車を呼んで、怪我の応急処置をします。
この一連の救護作業は、事故を起こした者(以下加害者)の義務になります。
救護義務を怠ると、道路交通法違反だけに留まらず、保護責任者遺棄(致死)罪に問われてしまう可能性があります。

(2)二次被害の防止

また交通量の多い道路での事故の場合、さらなる事故に繋がらないようにしましょう。
非常停止板の設置、発炎筒をたく、場合によっては、自動車を道路脇に寄せる等、道路上の安全も確保してください。
ただし、事故の現場は、警察官が来るまでそのままにしておくことが原則です。
自動車を移動した場合は後で争いにならないよう停止位置を確認しておきましょう

(3)警察(110番)へ報告

次に、加害者は、警察へ事故の発生を報告しなければなりません。
これも加害者の義務です。
報告する内容は、交通事故の発生日時、場所、死傷者の数と負傷者の程度、損壊した物、損壊の程度、事故後に行った措置などです。
無届の場合、交通事故証明書が発行されないため、保険金の請求が出来ないばかりか、道路交通法違反の罪に問われる可能性があります。

(4)実況見分

警察官が到着したら、実況見分と呼ばれる捜査(ひき逃げ等悪質な場合は検証と呼ばれる強制捜査となります)が開始されます。
この捜査で得られた事実関係が、その後の処分や裁判の判決を左右します。
よって、立会いの際は、必ず冷静に事故の状況を説明しましょう。
その際、必ずしも自分にとって不利な情報を正直に全て伝える必要はありません。
話したくない部分は黙秘してかまわないのです。
義務のことばかりお話してきましたが、黙秘は加害者の権利なのです。

(5)被害者の連絡先を聞く

速やかに謝罪と賠償が行えるよう、被害者の名前と住所、電話番号、運転免許の記載事項、保険会社を聞いておきましょう。

(6)事故の目撃者に連絡先を聞く

事故の目撃者がいる場合は、必ず名前と連絡先を聞いておきましょう。
示談で済まず裁判になった場合、証人となってもらう必要が出て来るかもしれないからです。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。