法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<交通事故後日の対処法>

事故後日にすべき対応
(1)被害者への謝罪と賠償

被害者がいる犯罪においては、被害者へのケアが、加害者にとっても重要な役割を果たしてきます。
謝罪と賠償を尽くし、なるべく早期の段階に示談を締結することで、その後の刑事処分が変わってくる為です。
仮に対人無制限の保険に入っていたとしても、保険会社に任せきりにせず、必ず自らが何度も被害者の元に謝罪に赴き、許しを請いましょう。

(2)弁護士に依頼する

さらに可能であれば、刑事事件に強い弁護士を付けましょう。
そうすれば、示談書を作成したり、検察庁や裁判所に対して寛大な処罰を求める嘆願書の作成、被害届の取下げなどに向けて迅速的確な対応をしてくれますので、素人判断で事を進める場合と比べて、下される刑事処分に大きな差が出る場合が多くあります。
また、謝罪や賠償をしようにも、被害感情の程度によっては、被害者やその遺族が、加害者と直接コンタクトを取ってくれないようなケースもありますし、当事者同士だけで直接交渉を行うと、余計にことがこじれてしまうことが多いのも実情です。
やはりそういう場合も想定して、交渉のプロでもある弁護士に、被害者との間を取り持ってもらうのがベストでしょう。

交通事故を起こした際の対処法を色々あげましたが、なにより一番は事故を起こさないことです。
悪質なケースばかりでなく、ちょっとした過失から誰もが引き起こしうるような自動車事故でさえもどんどん厳罰化されています。
自動車の運転は私たちにとって身近な業務の1つです。
しかしそれ故にこそ、ドライバーは今後より一層気を引き締めてハンドルを握らなければなりません。
運転免許証は必ず携帯する、飲酒時や過労時には決して車を運転しない、軽微な交通違反も犯さない等、初心に戻って常に安全運転を心がけるようにしましょう。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。