法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<交通事故有罪判決Q&Aその1>

質問:交通事故で有罪判決を受けた場合、前科になりますか?

前科になります。
前科とは、過去に刑罰を受けたことのある経歴をいいます。
刑罰を受ける原因となった犯罪の種類は問いません。
したがって、交通事故で有罪判決を受けた場合であっても、前科が付くことになります。

また、懲役刑や禁錮刑の場合だけでなく、罰金刑を受けた場合も「過去に刑罰を受けたことのある経歴」としての前科が付きます。
したがって、刑事裁判で懲役刑や禁錮刑を言い渡された場合に限らず、検察庁に呼ばれて罰金を支払っただけの場合も、前科が付くことになります。

質問:交通事故で有罪判決を受けた場合のデメリットについて教えてください。

まず、有罪判決を受けた場合は、先に説明したとおり、前科が付くことになります。

また、執行猶予が付かない懲役刑や禁錮刑の判決を受けた場合は、当然、判決で言い渡された期間の間、刑務所に入り生活する負担を強いられます。
執行猶予が付かない罰金刑が言い渡された場合は、その額を国家に納付しなければなりません。

他方、懲役刑や禁錮刑の判決に執行猶予が付いた場合は、執行猶予の期間が経過すれば、刑は消滅します。
ただし、執行猶予の期間内に再度、刑事裁判で実刑判決を言い渡された場合は、最初の判決の執行猶予が取り消され、最初の刑の期間と後の刑の期間を合わせた期間、刑務所に服役することになります。
(具体的には、最初の刑で懲役2年、後の刑で懲役1年6月の場合、合計3年6月の刑務所生活を強いられることになります。)
したがって、執行猶予の期間中は、極めて注意深く、日常生活を送らなければなりません。

さらに、有罪判決を受けたということは前科が付くということを意味するので、再び同様の交通事故を起こした場合は、初犯者として扱われません。
過去に同様の犯罪を犯したことのある前科者として、初犯者の場合と比べて不利に事態が進展します。

加えて、懲役刑や禁錮刑の判決を言い渡されると、職業上の資格の欠格事由となり、職を失う可能性があります。
特に、国家資格の場合は、「禁錮刑以上の刑に処せられた者」については資格を与えないとされている場合が多く、資格で生計を立てている人は、この点に注意して刑事手続の方針を立てる必要があります。

もっとも、法律相談などで「有罪判決を受けると戸籍や住民票に載るんですよね?」というような質問をよく受けるのですが、そのようなことはありません。
基本的に、前科に関する情報は、資格の要件などに関連しない限り、捜査機関のみが知りうる情報ですので、外に漏れることはありません。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。