法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<交通事故検察対応Q&Aその4>

Q.検察庁に呼ばれた場合のベストな対処法を教えてください。

A. できるだけ早く最寄りの法律事務所で法律相談を受け、信頼できる弁護士を付けるのが、検察庁から呼ばれた場合のベストな対処方です。

法律相談を受けるメリット

まず、法律相談を受けることで、あなたが現在、刑事手続においてどのような立ち位置にいて、今後どのような処分になる可能性が高いかを正確に把握することができます。

ATOMでは、法律相談のご依頼者様に対し、ご依頼者様が検察庁に呼ばれた理由について、刑事裁判に向けた取り調べのために呼ばれたのか、それとも略式罰金の処分で簡単に終わらせるために呼ばれたのか、ある程度の目安をつけてお答えします。

また、一般論として、法律相談を受ける時期は早ければ早いほどよいです。検察庁に行く前に法律相談を受けることで、現在あなたが取るべき最善の策について、適切なアドバイスを受けることができます。

ATOMでは、法律相談のご依頼者様に対し、例えば被害者に対する謝罪が不十分な事案であれば、その旨を明確に指摘し、その上で今後取るべき改善策をご提案し、弁護士を付けた方がよい事件であれば、ATOMで行う弁護活動の概要と方向性を丁寧に説明し、弁護士費用の明確なプランと総額の目安をお伝えします。

まずは、最寄りの法律事務所で法律相談を受けて、弁護士を付けるか・付けないかを含め、検察庁に行く前にベストな状態を整えましょう。

弁護士を付けるメリット

次に、検察庁に行く前に弁護士を付けることで、担当の弁護士と十分な打ち合わせを行い、余裕をもって検察官の取り調べに応じることができます。

ATOMでは、弁護人として選任された場合、直ちに被害者に対し代理人として選任された旨の挨拶状を送付し、以降の刑事手続において、被害者との連絡の窓口を担当します。被害者に見舞い金や謝罪金を支払う場合は、法律的に通用する領収証や受領証などの必要書類を用意し、弁護士が代行して被害者にお金を届けることになります。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。