法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<性犯罪その1>

性の事件は、他の刑事事件と比べ、男性にとっても女性にとっても身近な犯罪であるということができます。
また、再犯率の高い犯罪であるとして知られています。正しい法律知識をつけることは、性犯罪の予防、防止にもつながります。

性の事件が法律により罰せられているのは、健全な性秩序や性的風俗を保護するためですが、犯行態様によって成立する犯罪が異なります。今回は、公然わいせつ罪についてご説明します。

(1)公然わいせつ罪

刑法174条では、「公然とわいせつな行為をした者は、6月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する」と規定されています。
具体的には、どのような場合に公然わいせつ罪となるのでしょうか、事例を見てみましょう。

事例

意中の女性に告白したところ想いがかなわず、むしゃくしゃしていた太郎は、何か気が晴れる方法はないかと考えていた。

そして会社からの帰り道、東京都△区○1丁目1番1号先路上において、通行人の目にふれる状態で、通行中の会社帰りのOLである花子(当時25歳)に対し、自己の陰茎をことさらに露出して示し、もって公然とわいせつな行為をした。

解説

この事案では、太郎に公然わいせつ罪(刑法174条)が成立します。公然わいせつ罪は、その名の通り、公然とわいせつな行為をすることにより成立します。

「公然」とは、不特定多数が認識しうる状態のことです。
実際に不特定多数が認識しなかったとしても、公の路上のように、不特定多数が認識しうる場所で行為をしたのであれば、その行為は「公然」とした行為であるといえます。

また、行為を認識する人物が特定されていたとしても、それが多数であれば「公然」といえるとし、30数名いれば「公然」となるとした裁判例があります。

「わいせつな行為」とは、その行為者またはその他の者の性欲を刺激、興奮または満足させる行為であり、普通の人の性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反する行為をいいます。

一般に、太郎の行為のように、公然と性器の露出をすることや、他人に見せるために性行為やその類似の行為をすることは、著しく性的羞恥心を害されますし、また善良な性的道義観念に反する行為であるといえますから、わいせつな行為ということができます。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。