法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<覚せい剤事件における所持品検査その2>

所持品検査(しょじひんけんさ)とは、警察官が警察官職務執行法2条に基づく職務質問を行う際に、それと合わせて相手の所持品を確認する行為をいいます。

警察官職務執行法には直接所持品検査を認める規定はありませんが、判例は「所持品の検査は、口頭による質問と密接に関連し、かつ、職務質問の効果をあげるうえで必要性、有効性の認められる行為であるから、同条項(警職法2条)による職務質問に付随してこれを行うことができる場合があると解するのが、相当である」(最判昭53年6月20日刑集32巻4号670頁)として所持品検査を認めています。

薬物らしきものが見つかると、その内容の簡易検査が行われます。
これを予試験といいます。

例えば覚せい剤事犯の場合、所持もしくは使用している薬物が覚せい剤その他の禁止薬物であることが前提条件になっていますので、捜査にあたっては対象薬物が覚せい剤等であることを立証しなければならず、最終的には化学的な鑑定を経て確認が行われます。

しかし捜査の途中で、もしくは職務質問や任意同行中に発見された薬物等についてすべて正式鑑定にまわすことは事実上困難であることから、実際にはその場で試薬を用いて簡易な検査を行います。

現在覚せい剤事犯の捜査に活用されている予試験としてはシモン試薬試験、Xチェッカー試験(シモン試薬のセット)、マルキス試薬試験の3種類があります。

試験は、当人の承諾を得ておこなわれ、当人の目の前で試薬で色が変わる様子を確認させるようにして行われます。

例えば代表的な試薬であるシモン試薬の場合、わが国で濫用の多いフェニルメチルアミノプロパンに反応するようになっており、陽性の場合には青藍色(せいらんしょく)の呈色反応(ていしょくはんのう)を示します。

マルキス試薬の場合、含窒素化合物(がんちっそかごうぶつ)があると赤橙色(あかだいだいいろ)の反応を示します。

簡易試験をして、薬物を所持していたことがわかると、逮捕手続がとられることになりますが、前述のように現場での試験を行わない場合には、原則としてその場で逮捕はせず、正式な鑑定の結果によって、逮捕状を請求して逮捕するという手続がとられます。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。