法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事手続き概要<覚せい剤事件における所持品検査その3>

職務質問や所持品検査で薬物が発見されたときは前回述べた簡易検査が行われますが、薬物使用の疑いが生じたときには任意同行の後、尿検査を求められることがあります。

ここでは尿検査の手順についてご紹介します。
尿を採取する場合、以下の手順を踏みます。

  • 警察官が被疑者に尿採取用の半透明の容器を与える
  • 被疑者は容器の蓋に封緘(ふうかん)するシールに署名・押印する
  • 被疑者は容器の蓋を開け、水道水で容器の中を洗浄する
  • 被疑者は容器に尿を入れる
  • 被疑者は容器の蓋を自ら閉める
  • 被疑者は容器の蓋にシールを封緘する
  • 被疑者は容器を警察官に提出する
  • 警察官は容器を科学捜査研究所に送る

これらの手順は被疑者にとっても捜査機関にとっても尿の採取が適正に行われたことを表すものとして重要な意味を持ちます。
とくに使用された容器が封の開いていない新品であることが重要です。

以上は任意提出の場合の手順です。
提出を求められると素直に応じることが多いといいます(もちろん応じざるを得ない状態にあるという場合もあります)。

被疑者が任意に尿の提出に応じない、それでも断固として検査の必要性を感じる場合、捜査機関は令状を請求し、その令状に基づいて被疑者から強制的に尿を採取します。

被疑者の身体を拘束して医師が採尿カテーテルを使用して採尿することになります。
採尿は、捜査機関が被疑者を最寄りの医療機関に連れて行って行われることが多いのですが、これは、前述の令状の効果として認められています。

被疑者が女性の場合は、採尿の際には女性の捜査官が立ち会うようにするなど、一定の配慮も行われています。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。