刑事手続き概要<勾留その2>

裁判所は、勾留質問をした後に、勾留の要件が満たされているときは、速やかに勾留状(こうりゅうじょう)を発しなくてはなりません。
ただし、勾留の理由がないと認めるときや、逮捕の時間制限の不遵守がありその点について免責が認められない場合はそもそも勾留をすることが許されない場合ですから、その場合は勾留状を発しないで、直ちに被疑者の釈放を命じなければなりません(刑訴法207条第4項)。

勾留状は、裁判官が検察官のした勾留請求を認めることを内容とする裁判書(さいばんがき)ですから、勾留状を発した場合、検察官に渡されます。
そして、検察官の指揮のもとに検察事務官や司法警察職員などが勾留を執行します。

勾留の執行は、勾留状を被疑者に呈示して、被疑者を指定された監獄に引致して行います。

また、勾留の執行がなされたとしても、勾留中に被疑者の勾留の理由や必要などの勾留の要件がなくなった場合には、被疑者や弁護人は勾留の取消を請求することができます。

検察官は、勾留の理由や必要がなくなったと判断した場合は、裁判官の許可などなくても、自らの判断で被疑者を釈放することができるし、しなくてはなりません。
この場合、被疑者は勾留されなくてよいのに勾留されていることになりますから、そのような被疑者は、一刻も早く身柄の拘束を解く必要があるのです。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>