法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<保護責任者その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

自宅で里子を虐待死させたとして、声優の鈴池静容疑者(43)が傷害致死罪で逮捕された事件で、暴行を加えた里子の女児(3)を寝室で寝かせ、後から死んだのに気づいて階段からの転落死を偽装した疑いがあることが分かりました。警視庁は2011年8月21日、鈴池容疑者を送検しました。(産経新聞8月22日7時56分配信)

当時2歳の長男の背中に熱湯をかけ大やけどを負わせたとして、千葉県警は父親(24)を傷害の疑いで逮捕しました。(読売新聞 8月23日06時41分配信)

児童虐待のニュースが後を絶ちませんが、「暴行」「傷害」「保護責任者遺棄致死罪」など、問題となっている行為の態様や罪は様々です。

解説
Q1. 子供に暴行を加えて死亡させた事件で、容疑者は「傷害致死罪」で逮捕されたそうですが「殺人罪」にはならないんですか?「傷害致死罪」と「殺人罪」の違いは何ですか?

A. 同じ人の死という結果が発生しても、暴行により人が死ぬということを認識していなければ、傷害致死罪になります。一方、人が死ぬということを認識していながら暴行を加えれば、殺人罪になります。
「この程度の暴行であれば、人が死ぬことはないだろう。」「死という結果が発生しないだろう。」という心理状態であれば、仮に暴行を加えたことによって相手が亡くなってしまったとしても、傷害致死罪が問われるに過ぎません。
今回、暴行によって里子を死亡させてしまった事件でも、今のところ容疑者は里子が死ぬという結果を認識していた供述はしていないようですので、傷害致死罪が問題になっていると言えます。

Q2. 子供に熱湯をかける行為が「暴行」にあたるそうですが、殴ったり蹴ったりしなくても「暴行」になるんですか?

A. 刑法では、「暴行」とは人の身体に対する有形力の行使をいいます。つまり、人に向けて物を投げたり、手で殴ったりすれば物理的な力を加えたことになり、有形力の行使があると言えます。また、光、電気、熱等のエネルギー作用を身体に及ぼすことも暴行に当たると解されています。
過去には、相手に向かって大音量の音を鳴らし続けたことが、暴行にあたると判断された裁判例があります。
ですから、熱湯をかける行為は、物理的な有形力の行使があるといえるでしょう。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。