刑事事件解説<モデル大麻その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

自宅で乾燥大麻を所持していたとして、CMやクラブDJとして活躍するモデルの高橋歩美容疑者(26)が、大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されていたことが分かりました。「1年ぐらい前から自分で使っていた」と供述しているといい、尿検査で覚せい剤の使用反応も出ているため、警察では覚せい剤取締法違反容疑でも追及する予定です(毎日新聞 2011年8月31日11時25分配信)。

芸能人などの薬物事件が後を絶ちませんが、薬物の種類は、大麻や覚せい剤、MDMAなど様々です。

Q1. 高橋容疑者は乾燥大麻を持っていた容疑で逮捕されたということですが、先日購入した小鳥のえさに「麻の実」と記載されていました。私も大麻所持罪で逮捕されてしまうんでしょうか?

A. 大麻の取り扱いや禁止事項等は、「大麻取締法」で規定されています。
大麻取締法では、「大麻草及びその製品」が、所持や購入などの規制対象として定められ、大麻草の種子等は規制の対象外にされています。

つまり、大麻の種にあたる「麻の実」を所持していたり購入したりしても、罪にはなりません。
ただし、麻の実を蒔いて栽培すれば、大麻栽培罪で処罰されてしまいます。
市販されている麻の実は不発芽処理をされたものが多いようですが、くれぐれも実を蒔くことのないようにしましょう。

Q2. 大麻取締法では、自分で使っただけでは逮捕されないと聞きましたが、本当ですか?

A. 薬物の使用については、覚せい剤をはじめ、タレントの押尾学氏の事件でも話題になったMDMAなどの合成麻薬でも、自分で使う「使用」又は他人に使う「施用」も処罰の対象になっています。

しかし、大麻については自分で使う「使用」を処罰する規定はありません。
もっとも、大麻を所持していた容疑で捜査対象になっている人が、所持を否認しているような場合には、所持の事実をうかがわせる具体的な事実として、尿などから大麻反応があったという鑑定書などが、証拠として不利に働くことはあります。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>