法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<モデル大麻その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

自宅で乾燥大麻を所持していたとして、CMやクラブDJとして活躍するモデルの高橋歩美容疑者(26)が、大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されていたことが分かりました。「1年ぐらい前から自分で使っていた」と供述しているといい、尿検査で覚せい剤の使用反応も出ているため、警察では覚せい剤取締法違反容疑でも追及する予定です(毎日新聞 2011年8月31日11時25分配信)。

芸能人などの薬物事件が後を絶ちませんが、薬物の種類は、大麻や覚せい剤、MDMAなど様々です。

Q1. 高橋容疑者は乾燥大麻を持っていた容疑で逮捕されたということですが、先日購入した小鳥のえさに「麻の実」と記載されていました。私も大麻所持罪で逮捕されてしまうんでしょうか?

A. 大麻の取り扱いや禁止事項等は、「大麻取締法」で規定されています。
大麻取締法では、「大麻草及びその製品」が、所持や購入などの規制対象として定められ、大麻草の種子等は規制の対象外にされています。

つまり、大麻の種にあたる「麻の実」を所持していたり購入したりしても、罪にはなりません。
ただし、麻の実を蒔いて栽培すれば、大麻栽培罪で処罰されてしまいます。
市販されている麻の実は不発芽処理をされたものが多いようですが、くれぐれも実を蒔くことのないようにしましょう。

Q2. 大麻取締法では、自分で使っただけでは逮捕されないと聞きましたが、本当ですか?

A. 薬物の使用については、覚せい剤をはじめ、タレントの押尾学氏の事件でも話題になったMDMAなどの合成麻薬でも、自分で使う「使用」又は他人に使う「施用」も処罰の対象になっています。

しかし、大麻については自分で使う「使用」を処罰する規定はありません。
もっとも、大麻を所持していた容疑で捜査対象になっている人が、所持を否認しているような場合には、所持の事実をうかがわせる具体的な事実として、尿などから大麻反応があったという鑑定書などが、証拠として不利に働くことはあります。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。