法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<モーニング娘その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

「バックに暴力団がいる」などと脅して借金を踏み倒そうとしたとして、飲食店経営会社代表の安藤陽彦容疑者(44)が恐喝未遂容疑で逮捕された事件で、警視庁は同容疑者と同居する元「モーニング娘。」の加護亜依さん(23)から参考人として事情聴取していたことが分かりました。
(時事通信2011年9月7日20時26分配信)

解説
Q1. 今回、容疑者として逮捕された男性は、恐喝未遂罪で逮捕されたそうですが、恫喝しなくても恐喝になるんですか?そもそも、恐喝とは、どんな行為をいうんですか?

A. 恐喝罪にいう「恐喝」とは、金品や利益を出せることを目的としてなされる暴行又は脅迫のことを言います。
そして、恐喝罪にいう暴行又は脅迫は、犯行抑圧に至らない程度の、相手方を畏怖させるに足りる程度の暴行又は脅迫で足りるとされています。
したがって、大声を出して恫喝をしなくても、上記の程度の暴行又は脅迫があれば、「恐喝」行為に着手したと認められます。

具体的には、債権を回収する際に、「活きのいい○○組の若い衆がうるさいんだよ。」などと申し向ければ、たとえ怒号していなくとも、脅迫行為があったと認定される可能性が高いです。

なお、金品の交付に向けられた暴行又は脅迫が、相手の反抗を抑圧する程度のものだった場合は、強盗罪に着手したと認定されてしまいます。

Q2. 元モーニング娘。の加護さんは、参考人として事情聴取されたそうですが、参考人とはどういう人をいうんですか?容疑者とは違うんですか?

A. 容疑者とは、捜査機関から犯罪の容疑をかけられている人を言います。容疑者はあくまでマスコミ用語で、法律的には「被疑者」という言葉が使われます。
他方で、参考人とは、捜査機関から出頭を求められた被疑者以外の人を言い、事件の目撃者などが含まれます。

刑事弁護をやっていると、警察から呼び出しを求められたが、被疑者として呼び出されたのか、参考人として呼び出されたのか分からないというケースがよくあります。
捜査機関の方も、容疑が固まる前の共犯者は、ひとまず参考人として出頭を求め、容疑が固まった時点で被疑者として取り調べを行う場合があります。

今回の加護さんのケースでは、事件の性質上、今後、加護さんが被疑者として取り調べを受けることは想定しがたいですが、実務では、当初は参考人だったが後から被疑者になるというケースは比較的よくあります。

被疑者の取り調べと、参考人の事情聴取との大きな違いは、黙秘権の告知があるか否かです。
警察から出頭を求められたが、被疑者としてなのか、参考人としてなのか分からない場合は、黙秘権の告知をされたか否かで見極めることができます。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。