法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<モーニング娘その2>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

「バックに暴力団がいる」などと脅して借金を踏み倒そうとしたとして、飲食店経営会社代表の安藤陽彦容疑者(44)が恐喝未遂容疑で逮捕された事件で、警視庁は同容疑者と同居する元「モーニング娘。」の加護亜依さん(23)から参考人として事情聴取していたことが分かりました。
(時事通信2011年9月7日20時26分配信)

Q. 参考人として呼ばれた場合、行きたくなかったり、どうしても外せない仕事や用事があって、警察に行くことを断ったらどうなりますか?逮捕されてしまうんでしょうか?

A. 警察が人を逮捕するためには、裁判所から逮捕状の発布を得る必要があります。
そして、逮捕状は、あくまで犯罪を行った疑いがある人を逮捕するためのもので、参考人を呼び出すために発布することはできません。
したがって、どうしても外せない用事があり、警察からの出頭要求を断ったとしても、これを理由に参考人が逮捕されることはありません。

もっとも、国民には、刑事裁判の証人として裁判所に出頭し証言する義務があります。
そのため、刑事裁判になった段階で、裁判所からの出頭要求を断れば、「勾引」という手続きで強制的に裁判所に連行される可能性があります。

Q. 参考人として呼ばれた人が、事情聴取を受けているうちに犯人とされて、そのまま逮捕されてしまうことはあるんですか?

A.参考人として呼び出されても、事情聴取を受けている間に犯罪の嫌疑が生じ、裁判所から逮捕状が発布されれば、そのまま逮捕されてしまうことがあります。
参考人から被疑者に取り扱いが変更した場合は、取り調べに際して、新たに黙秘権が告知されることになります。
もっとも、犯罪の嫌疑が生じて被疑者になったからといって、必ず逮捕されるわけではなく、そのまま在宅事件(逮捕されない事件)として捜査が続行される場合もあります。

なお、今回の加護さんについては、事件の性質上、事情聴取の末に犯人とされて、そのまま逮捕されてしまうということは考え難いです。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。