刑事事件解説<山本太郎その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

佐賀県の玄海原発の再稼働をめぐり、佐賀県庁に侵入し抗議活動したとして建造物侵入などの疑いで、俳優の山本太郎さん(36)ら数人を京都市の行政書士の男性(27)が告発、佐賀地検が受理したことが分かりました。
山本さんは7月11日、反原発団体のメンバーら約150人と佐賀県庁を訪れ、再稼働への抗議活動を展開し、県庁内 に入って古川康知事との面会を求めましたが、告発状では「バリケードを乗り越えるなどして県庁に入っている」などという点が指摘されています。(共同通信2011年9月21日19時38分配信)

Q1. 告発ってなんですか?山本太郎さんの事件では、佐賀県庁で行った抗議行動について、京都の行政書士が告発しているそうですが、告発はいつでも、だれでもできるんですか?

A. 告発は、犯人又は告訴権者(名誉棄損で名誉を棄損された人のように、直接被害を受けた人や、被害者の一定の親族など)以外の第三者が、警察官や検察官といった捜査機関に対し、「○○のような犯罪が行われたので、犯人を処罰して欲しい」というように、犯罪事実を申告して、犯人の処罰を求めることを言います。

つまり、告発とは、捜査機関に対して、犯罪があったという事実を知らせるとともに犯人を処罰してほしいと訴えることです。告発は、犯人又は告訴権者以外であれば、誰でもすることができます。
ですから、今回の山本太郎さんの一件でも、佐賀県で起きた事件について、無関係の京都在住の人が告発することができる、ということになります。

Q2. 告発は、どんなことをしたらされるんですか?今度、税金が高すぎると市役所に抗議に行こうと思っていますが、抗議に行ったら、私も山本太郎さんのように告発されてしまうんでしょうか?

A. 告発は、告発をする人が「犯罪がある」と認識するときにできます。
通常、市役所などは、用件がある人は建物の中の決められた範囲には入っていいことになっていますので、建造物侵入罪等の犯罪は成立しません。

しかし、例えば大人数で大騒ぎをしたり、一般的に考えられる権利の行使の程度を著しく逸脱するような状態で、市役所の業務を妨害するような態様で行動したような場合は、威力業務妨害罪にあたるなどと考えた人から、告発される可能性はないとは言えません。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>