法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<山本太郎その1>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

佐賀県の玄海原発の再稼働をめぐり、佐賀県庁に侵入し抗議活動したとして建造物侵入などの疑いで、俳優の山本太郎さん(36)ら数人を京都市の行政書士の男性(27)が告発、佐賀地検が受理したことが分かりました。
山本さんは7月11日、反原発団体のメンバーら約150人と佐賀県庁を訪れ、再稼働への抗議活動を展開し、県庁内 に入って古川康知事との面会を求めましたが、告発状では「バリケードを乗り越えるなどして県庁に入っている」などという点が指摘されています。(共同通信2011年9月21日19時38分配信)

Q1. 告発ってなんですか?山本太郎さんの事件では、佐賀県庁で行った抗議行動について、京都の行政書士が告発しているそうですが、告発はいつでも、だれでもできるんですか?

A. 告発は、犯人又は告訴権者(名誉棄損で名誉を棄損された人のように、直接被害を受けた人や、被害者の一定の親族など)以外の第三者が、警察官や検察官といった捜査機関に対し、「○○のような犯罪が行われたので、犯人を処罰して欲しい」というように、犯罪事実を申告して、犯人の処罰を求めることを言います。

つまり、告発とは、捜査機関に対して、犯罪があったという事実を知らせるとともに犯人を処罰してほしいと訴えることです。告発は、犯人又は告訴権者以外であれば、誰でもすることができます。
ですから、今回の山本太郎さんの一件でも、佐賀県で起きた事件について、無関係の京都在住の人が告発することができる、ということになります。

Q2. 告発は、どんなことをしたらされるんですか?今度、税金が高すぎると市役所に抗議に行こうと思っていますが、抗議に行ったら、私も山本太郎さんのように告発されてしまうんでしょうか?

A. 告発は、告発をする人が「犯罪がある」と認識するときにできます。
通常、市役所などは、用件がある人は建物の中の決められた範囲には入っていいことになっていますので、建造物侵入罪等の犯罪は成立しません。

しかし、例えば大人数で大騒ぎをしたり、一般的に考えられる権利の行使の程度を著しく逸脱するような状態で、市役所の業務を妨害するような態様で行動したような場合は、威力業務妨害罪にあたるなどと考えた人から、告発される可能性はないとは言えません。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。