法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<BIGBANG大麻>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

韓国の男性アイドルグループ「BIGBANG(ビッグ・バン)」のリーダー、G-DRAGON=本名クォン・ジヨンさん(23)が大麻を吸引したことが発覚し、韓国検察当局に摘発(起訴猶予処分)された問題で、日本で予定されていたCDの発売が中止されることになりました。(産経新聞 2011年10月6日22時32分配信)

Q1. 今回、BIGBANGリーダーのクォンさんは、大麻「吸引」の容疑で韓国当局に摘発されたと聞いています。他方で、日本では大麻の「使用」は罪に当たらないとも聞いたことがあります。
仮に、日本人である私が、日本国内で、友人から大麻をもらい「使用」した場合、摘発される可能性はありますか?

A. 大麻の「譲り受け」の罪で、摘発される可能性があります。

確かに、日本では、大麻の「使用」自体は犯罪とされていません。しかし、大麻を使用したということは、誰かから大麻を譲り受けたか、自分で大麻を栽培したということです。大麻の「譲り受け」や「栽培」は、大麻取締法に規定されている犯罪ですので、これに該当すれば、同法違反で逮捕されたり、家宅捜索を受ける可能性があります。

ご相談者様の場合は、「友人から大麻をもらった」とのことですので、この友人が警察に摘発され、ご相談者様に大麻を譲り渡した痕跡が証拠(携帯電話のメール、通話履歴、友人の供述など)から明らかになった場合は、この証拠に基づいて家宅捜索令状が出され、強制捜査を受ける可能性があります。

Q2. 今回の事件は大麻に関するものでしたが、最近よく、繁華街の路上やクラブで外国人が薬物を扱っているというニュースを耳にします。
最近の傾向として、外国人の薬物犯罪はどういう傾向にありますか?

A. 平成22年中の薬物犯罪における来日外国人の検挙人数は、538人(前年比-39人)と減少し、3年連続の減少となっています。

薬物別に見ると、覚せい剤事犯が383人(前年比-43人)、あへん事犯が2人(前年比-5人)と減少しましたが、大麻事犯は93人(前年比+6人)、麻薬及び向精神薬事犯は60人(前年比+3人)と増加しました。

国籍等別の検挙状況については、イラン人が54人(前年比-39人)、フィリピン人が63人(前年比+6人)、ブラジル人が91人(前年比-12人)で、これら3か国合計の検挙人員は208人(前年比-45人)で、来日外国人による全薬物事犯の検挙人員の38.7%を占めています。
中でも大麻事件についてみると、ブラジル人が24人(前年比+4人)、アメリカ人が18人(前年比+5人)、ベトナム人が13(前年比+5人)の順に多くなっています(平成21年中の薬物・銃器情勢 警察庁刑事局組織犯罪対策部 薬物銃器対策課)。

ただ、これらの数値は、「来日外国人」による犯罪、つまり、「定着居住者(特別永住者、永住者など)、在日米軍関係者、在留資格不明の者」を除いた者、による犯罪の数となっています。
そのため、定着居住者や、在留資格不明の外国人が犯罪で検挙された数は含まれていないため、犯罪白書による統計では、覚せい剤事犯だけでも710人となるなど(平成21年)、数字には開きがあるようです。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。