法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

刑事事件解説<盗撮増加その2>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

携帯電話などを使った盗撮の摘発が増え続け、昨年の全国の摘発件数は5年前の約1.6倍に増えています(警察庁まとめ)。
警察庁によると、駅や電車内などでの「下着などの盗撮」と、「公衆浴場や公衆便所などでの盗撮」を合わせた摘発件数は2006年に1087件だったのが、2010年には1741件に増え、このうち「下着などの盗撮」が1702件と約98%を占めていることから、大半がスカートの下からひそかに撮影するケースとみられています。
携帯電話の動画機能の向上やカメラの小型化などで盗撮手法が巧妙化しているほか、インターネットの盗撮サイトの存在も背景にあるとみられています。
(2011年11月7日14時38分 読売オンライン配信)

Q. 盗撮した画像を、盗撮サイトにアップした場合、何か罪に問われるんですか?

A. 盗撮した画像が、全裸または性器を撮影した画像であれば、それをネット上に掲示することにより、わいせつ物公然陳列罪に該当する可能性があります。

下着などの盗撮では、刑法で定められた「わいせつ」とまでは言えないことが多いので、わいせつ物公然陳列罪は成立しない場合が多いと考えられます。

しかし、顔や身体的特徴などにより被撮影者が特定される場合には、その被撮影者に対する名誉棄損罪が成立する可能性もあります。

なお、名誉棄損罪は親告罪といって、起訴され、刑事裁判になるには、被害者である被撮影者の告訴が必要な犯罪です。

Q. 盗撮事件は増加しているそうですが、痴漢など他の性犯罪も増加しているんですか?

A. 現在の盗聴機器の販売台数は、年間40万台を超え、その市場規模は10億円から15億円にのぼるといわれています。そして、盗撮用機器に関しては、具体的な統計は出されていないものの、盗聴の市場を上回ると一般的に評価されています。

一方、痴漢についてみると、平成21年に全国で発生した迷惑行為防止条例違反の痴漢事件の検挙件数は3,880件でした。これは過去5年間で最少となっており、最も検挙件数の多かった平成17年の4,719件に比して839件減少しています。

また、強制わいせつ事件の検挙件数は3,563件(認知件数6,688件)でした。各都道府県別のデータをみると、昨年に比してやや増加している地域が多いようです。
なお、電車内における強制わいせつの痴漢行為の認知件数は340件と過去5年間で最少となり、最も多かった平成17年の497件に比して157件減少しました。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を弁護士に法律相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。