刑事事件解説<盗撮増加その2>

今回は、ニュースなどで巷を賑わせた刑事事件について解説します。

ニュース

携帯電話などを使った盗撮の摘発が増え続け、昨年の全国の摘発件数は5年前の約1.6倍に増えています(警察庁まとめ)。
警察庁によると、駅や電車内などでの「下着などの盗撮」と、「公衆浴場や公衆便所などでの盗撮」を合わせた摘発件数は2006年に1087件だったのが、2010年には1741件に増え、このうち「下着などの盗撮」が1702件と約98%を占めていることから、大半がスカートの下からひそかに撮影するケースとみられています。
携帯電話の動画機能の向上やカメラの小型化などで盗撮手法が巧妙化しているほか、インターネットの盗撮サイトの存在も背景にあるとみられています。
(2011年11月7日14時38分 読売オンライン配信)

Q. 盗撮した画像を、盗撮サイトにアップした場合、何か罪に問われるんですか?

A. 盗撮した画像が、全裸または性器を撮影した画像であれば、それをネット上に掲示することにより、わいせつ物公然陳列罪に該当する可能性があります。

下着などの盗撮では、刑法で定められた「わいせつ」とまでは言えないことが多いので、わいせつ物公然陳列罪は成立しない場合が多いと考えられます。

しかし、顔や身体的特徴などにより被撮影者が特定される場合には、その被撮影者に対する名誉棄損罪が成立する可能性もあります。

なお、名誉棄損罪は親告罪といって、起訴され、刑事裁判になるには、被害者である被撮影者の告訴が必要な犯罪です。

Q. 盗撮事件は増加しているそうですが、痴漢など他の性犯罪も増加しているんですか?

A. 現在の盗聴機器の販売台数は、年間40万台を超え、その市場規模は10億円から15億円にのぼるといわれています。そして、盗撮用機器に関しては、具体的な統計は出されていないものの、盗聴の市場を上回ると一般的に評価されています。

一方、痴漢についてみると、平成21年に全国で発生した迷惑行為防止条例違反の痴漢事件の検挙件数は3,880件でした。これは過去5年間で最少となっており、最も検挙件数の多かった平成17年の4,719件に比して839件減少しています。

また、強制わいせつ事件の検挙件数は3,563件(認知件数6,688件)でした。各都道府県別のデータをみると、昨年に比してやや増加している地域が多いようです。
なお、電車内における強制わいせつの痴漢行為の認知件数は340件と過去5年間で最少となり、最も多かった平成17年の497件に比して157件減少しました。

▲ 刑事事件コラム一覧にもどる

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>