交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. 刑事事件弁護士アトム
  2. »
  3. 法令データベース
  4. »
  5. 賭博で適用される刑罰

賭博で適用される刑罰

偶然の事情に関して財物を賭け、勝敗を争った場合、賭博罪として処罰されます。 常習的に賭博している場合、常習賭博罪としてより重く処罰されます。 賭博に参加せずとも、自ら主宰者となって、その支配下に賭博の場所を開設した場合、賭博開帳図利罪となります。

刑法185条 賭博

50万円以下の罰金または科料

第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭かけたにとどまるときは、この限りでない。

「賭博」とは、偶然の事情に関して財物を賭け、勝敗を争うことをいいます。 その場でただちに消費するお茶菓子等を賭けた場合などでは罪が成立しない可能性もありますが、金銭を賭けた場合には、その多くは本罪が成立するとみていいでしょう。

刑法186条1項 常習賭博

3年以下の懲役

第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。

「常習」の賭博者とは、反復して賭博行為をする習癖のある者をいいます。 たとえば職業として賭博をしている、生活の重要な部分を占めているといった態様の賭博は、常習賭博と認められやすいでしょう。

刑法186条2項 賭博開帳図利

3か月以上5年以下の懲役

第百八十六条 2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

「開帳」とは、自ら主宰者となってその支配下に賭博の場所を開設することを言います。 本人が賭博をしていたかどうかは問われません。 また、賭博の規模や設備のいかんも問われません。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。