刑事手続きのQ&A<判決に不満です!>

判決に不満です!

Q1. 判決内容に納得できません。従うしかないのでしょうか…。

裁判官といえども、誤った判断をする可能性はあります。そこで、判決に納得がいかない場合、上級の裁判所に不服を申し立てる制度が用意されています。

(1)控訴

地方裁判所または簡易裁判所で行われた裁判について、高等裁判所に対して見直しを求める手続です。

(2)上告

高等裁判所で行われた裁判について、最高裁判所に対して見直しを求める手続です。

Q2. どんなときでも控訴・上告できるのですか。

控訴や上告ができる場合については法律に定めがあります。その内容を簡単にまとめると、次のようになります。

控訴できる場合 上告できる場合
訴訟手続に重大な法令違反があった場合(裁判が公開されなかった、裁判官の中に事件関係者がいた、など) 高等裁判所の判断に憲法違反があり、または憲法の解釈に誤りがある場合
訴訟手続に法令違反があり、その違反が判決に影響を及ぼすことが明らかな場合 高等裁判所が、最高裁判所の判例と相反する判断をした場合
事実認定に誤りがあり、その誤認が判決に影響を及ぼすことが明らかな場合 この他、上記の上告理由がない場合でも、(ⅰ)高等裁判所の法律の解釈に重大な問題がある場合、(ⅱ)第1審・第2審が誤った判断をしており、これを取り消さなければ極めて不当と考えられる場合には、最高裁判所自らの判断で事件を受理することが認められています
法律の解釈や条文操作に誤りがあり、これが判決に影響を及ぼすことが明らかな場合
量刑が不当な場合

Q3. 控訴・上告はどのように行うのですか。

(1)控訴の申立て

判決を言い渡された日の翌日から14日以内(判決の当日を入れて15日以内)に、高等裁判所に宛てた「控訴申立書」を第1審裁判所に提出します。

(2)上告の申立て

控訴審で判決を言い渡された日の翌日から14日以内(判決の当日を入れて15日以内)に、最高裁判所にあてた「上告申立書」を高等裁判所に提出します。

Q4. 控訴審・上告審ではどのような判決がなされるのでしょう。

(1)控訴棄却/上告棄却

控訴理由/上告理由が認められないとする判断です。

(2)原判決破棄及び差戻し・移送

控訴理由/上告理由が認められる場合、原判決を破棄し、原裁判所に審理をやり直させるという判断です。

(3)原判決破棄及び自判

控訴理由/上告理由が認められる場合、原判決を破棄し、控訴裁判所/上告裁判所自らが事件につき判決を下すことです。

Q5. 控訴した結果、より重い刑が言い渡される可能性はあるのでしょうか…。

被告人のみが控訴し、検察側が控訴しなかった場合は、第1審より刑が重くなることはありません。
しかし、検察側が控訴している場合には、より重い刑が言い渡される可能性もあります。

地図・アクセス

以下のボタンを押すと、詳細な地図とアクセス方法が表示されます。

アトム法律事務所アトム法律事務所埼玉大宮支部アトム市川船橋法律事務所千葉支部アトム市川船橋法律事務所アトム法律事務所新宿支部アトム法律事務所北千住支部アトム法律事務所横浜支部アトム法律事務所名古屋支部アトム法律事務所京都支部アトム法律事務所大阪支部アトム法律事務所福岡支部  ※千葉オフィス・市川オフィスはアトム市川船橋法律事務所弁護士法人に属します

弁護士紹介(五十音順)

レビュー

Googleレビュー

4.6 159件のレビュー

S

S・Hさん★★★★★

24時間相談可能でLINEでも相談できるので良かったです。LINEでは回答に時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は電話のほうが良いかもしれません。私はLINEで相談し、たいへん丁寧・親切にお答えいただきました。ありがとうございました。

N

N・Sさん★★★★★

加害者お断りが多い中、親身になって聞いて頂けるので大変助かりました。

Y

Y・Mさん★★★★★

24時間365日無料LINE相談は心強いです。

H

H・Rさん★★★★★

福岡の弁護士事務所の先生に対応していただけました。いろいろ私どもにとって、最良と思われる方向性を丁寧に教えて戴きました。一人で悩んでいたところを救われた想いです。大変感謝しております。ありがとうございました。

P

P・Sさん★★★★★

24時間相談可能なのは助かります。ラインでも相談できるので、気軽に出来ますね。自分の事故は車の損傷の割には人間は軽症だったので、相談すべきかどうか迷っていました。電話で問い合わせするのも迷うので、まずはこの様にラインで相談できるのは有り難いです。

M

M・Hさん★★★★★

時間に縛られず、LINEで気軽に相談できるのが非常にありがたい。

ほかのレビューをみる >>