痴漢に強い弁護士

宮城仙台の痴漢事件に強い弁護士

「宮城仙台で痴漢をしてしまい警察沙汰になって困っている…」
「宮城仙台で痴漢をして逃走したけど自首したほうがいい?」

仙台にはJRが2路線と地下鉄が通っており、朝や夕方のラッシュ時にはどの路線も混雑します。
そのため、痴漢をしてしまい検挙される方も非常に多いです。

アトム仙台法律事務所にも、痴漢で警察に検挙されお困りになっている方から数多くの相談が寄せられてきました。

この記事では宮城仙台で痴漢事件について警察の捜査を受けて困っている方に向けて、弁護士への相談窓口のご紹介とトラブルへの対処法を解説します。

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

痴漢の刑事事件の流れ

逮捕・勾留|在宅事件となれば生活への影響は小さい

痴漢事件の多くは現場で被害者や目撃者によって取り押さえられ、駅員室に連れていかれ、現場に駆け付けた警察官によって警察署に連行されるという流れが多いです。

逮捕が行われる場合、そのまま警察署内の留置場に収監されます。
勾留まで認められた場合には、起訴されるまで最大で23日間にわたり身体拘束が継続することになります。

なお、最近の実務では、痴漢事件で逮捕が行われるケースというのは減ってきています。
特に都市部では、痴漢事件の多くは警察署に連行されたあと当日中に釈放される流れになっているのです。

具体的には、警察署に連行後、簡単な事情聴取が行われます。
その後、家族などに連絡がいき、迎えに来てもらった上で釈放となる場合が多いです。

釈放後は在宅事件として日常の生活を送りながら、適宜警察署に呼び出されて取調べを受けることになります。
この場合、起訴・不起訴の判断まで数か月、場合によっては1年以上かかる場合もあります。

起訴・不起訴|不起訴となれば前科はつかない

警察は検察官に事件を引継ぎ、必要な証拠を共同で収集していきます。
その後、検察官による起訴・不起訴の判断が行われることになります。

起訴は裁判の開廷を提起する手続きです。起訴されれば原則として裁判にかけられて、統計上99.9%が有罪になり前科が付きます。
不起訴となればそのまま事件終了となります。裁判が開かれることもなく、前科がつくこともありません。

痴漢について弁護士に依頼するメリット

逮捕・勾留の可能性を下げる

弁護士に依頼することで逮捕・勾留の可能性を下げることができます。

逮捕・勾留は「逃亡のおそれ」「証拠隠滅のおそれ」が認められるときに行われます。
昨今の実務上では痴漢事件で身体拘束される可能性は低いと先述しましたが、それでも逮捕が行われる可能性がゼロであるというわけではありません。
犯行の状況や担当の警察署・警察官によって、痴漢事件でも逮捕が行われるおそれはあるのです。

弁護士は警察官や裁判官に意見書を提出するなどして、「逃亡のおそれ」「証拠隠滅のおそれ」がないことを効果的に主張できます。
そもそも弁護士に依頼したという事実自体、「今後も刑事手続きを誠実に受ける気がある」ということを示す証拠になります。

万が一にでも逮捕・勾留され身体拘束が継続してしまえば、日常生活への影響は必至です。
逮捕・勾留の可能性を下げられるのは、弁護士に依頼する非常に大きなメリットのひとつと言えます。

示談締結で不起訴処分を獲得

痴漢事件について不起訴処分を獲得する一番の近道は、被害者の方と示談を締結することです。

示談というのは当事者同士の話し合いで民事的な賠償問題を解決することを言い、一般に加害者が賠償金を支払い、被害者の方がそれを受けとり、双方示談書を交わすことで締結されます。

初犯であれば、被害者の方との示談締結によりかなりの確率で不起訴処分を獲得できます。

刑事事件の示談は、実務上、弁護士への依頼が必須です。
警察は原則として加害者本人に被害者の個人情報、連絡先を渡すことはありません。弁護士に依頼し、加害者による直接の接触がないことを証明した上でなら、警察も被害者の連絡先を教えてくれます。

不起訴となれば裁判は開かれず、前科もつきません。日常生活への復帰という面から言っても不起訴の獲得は非常に重要です。
痴漢で警察沙汰になってしまったらまずは弁護士へ依頼して示談締結による不起訴を目指すべきと言えるでしょう。

アトム法律事務所の実績

電車内での痴漢の事案

夜連絡して翌朝きてくださり、不起訴になることが出来ました。

夜分に電話を差し上げたにも関わらず、翌朝すぐにご連絡を下さり、火急でありましたのですぐに対応いただいて、法務局まで足を運んでくださいました。検察官との取調べの直前に来ていただけたことで、落ち着いた気持ちで取り調べに臨むことができました。法務局でお顔を拝見した際は、本当に地獄に仏でした。その後の示談等についても一所懸命に進めて下さり、おかげさまで取り乱すことなく不起訴が決定するまでの日々を過ごすことができました。今後、私や知人が同じような悩みに遭遇した時は、またぜひ先生にお願いしたいと思っております。

事件の概要

電車内において、当時未成年の被害者女性の臀部に自身の身体を押し付けた迷惑防止条例違反(痴漢)のケース。依頼者の方が相談に至ったときには、検察庁への呼び出しを受けすぐに略式起訴になる見込みでした。

弁護活動の概要

被害者に謝罪と賠償を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分となりました。

電車内において繰り返し痴漢をしていた事案

無事に一番良いかたちで解決でき、まずはほっとしています。

無事に一番良いかたちで解決でき、まずはほっとしています。解決までに1ヶ月半と短い期間でしたが依頼してよかったです。感謝しております。

事件の概要

満員の電車内において、被害者女性に股間を押し付ける等したとされる痴漢事案。犯行時、依頼者の方は酩酊状態で前後の記憶がありませんでした。迷惑行為防止条例違反として検挙された事案です。

弁護活動の概要

被害者に謝罪と賠償を尽くし、宥恕条項(加害者を許すという条項)付きの示談を締結。不起訴処分となりました。

アトム仙台法律事務所へのアクセス

宮城仙台の痴漢事件はなるべく早くアトム仙台法律事務所に相談!

アトム仙台法律事務所は仙台市青葉区本町にあります。

仙台駅より徒歩7分のアクセスしやすい立地で、お気軽にご利用いただけます。

痴漢事件をはじめ、刑事事件は時間との勝負という側面があります。
相談が早ければ早いほど、弁護士としても対応に時間を割くことができるため、逮捕・勾留の阻止や不起訴処分獲得の可能性を高めることができます。

アトム法律事務所は24時間365日、電話での相談予約を受け付けています。まずはお電話からお気軽にご相談ください。

ご相談先

無料相談予約をご希望される方はこちら

24時間365日!全国対応!
0120-631-276
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

アクセス

宮城県仙台市青葉区本町1-6-23 インテリックス仙台ビル602


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける