痴漢に強い弁護士

麻薬裁判の実例

「覚醒剤で逮捕されてしまった」「息子が薬物事件で起訴されたが、どのような判決になるのだろうか」

薬物事件で起訴されてしまった場合の裁判の実例を知りたい方へ。覚醒剤、大麻、MDMAなど各薬物に分けて、実際に過去にあった判決を紹介します。

薬物事件に強い弁護士に早く相談して、刑事処分をできるだけ軽くしましょう。

麻薬を所持して逮捕されてしまった方、およびその家族へ

覚醒剤、大麻、MDMAなどの麻薬を使用・所持して逮捕されてしまった方は、身に覚えがある場合は、速やかに、警察の捜査に協力するようにしてください。その上で、乱暴な取調べを受けたり、ありもしない余罪を追及されたときは、毅然として警察官に対し真実を述べ、うその事実が書かれた調書には絶対に署名をしないようにしましょう。
一方、身に覚えがないにもかかわらず逮捕されてしまった方は、うその事実が書かれた調書には絶対に署名をせず、一貫して、取調べ捜査官に真実を訴えかけてください。薬物事件は、真犯人が、捜査官に対して、薬物の仕入先などについてうその情報を教え、無実の人間が逮捕されてしまう場合がしばしばあります。注意してください。

1.覚醒剤 (執行猶予例)

2.覚醒剤 (実刑判決例)

3.大麻 (執行猶予例)

4.MDMA、LSD


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談