交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911

教師/学校関係者の刑事事件実例

解決実績26件中
盗撮:8件
万引き:3件
過失運転致死傷:2件
痴漢:2件
その他:11件

教師/学校関係者の解雇・失職について

教師が刑事事件を起こしてしまった場合、刑事手続きの処罰が軽微であれば職を失わずに済む可能性があります。
教育職員免許法の規定によると、禁固以上の刑に処せられた者は教師としての資格を失います。
実刑で服役期間が終わってから10年経過するまで、または執行猶予期間が終わるまでは、教師に復帰することはできません。

参照:教育職員免許法

事件の実例

逮捕なし路上での犯行

罰金50万円

  • 過失運転致死傷
逮捕あり店舗での犯行

不起訴

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
逮捕なし店舗での犯行

事件化せず

  • 詐欺
逮捕あり店舗での犯行

不起訴

  • 窃盗
  • 万引き
逮捕なしスポーツセンターでの犯行

不起訴

  • 公然わいせつ/頒布等
逮捕なし店舗での犯行

不起訴

  • 窃盗
  • 置き引き
逮捕なし繁華街での犯行

不起訴

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
  • 軽犯罪法違反
逮捕あり自家用車の中での犯行

不起訴

  • 児童買春
逮捕なし店舗での犯行

事件化せず

  • 住居・建造物侵入
  • 恐喝
逮捕なしホテルでの犯行

不起訴

  • 淫行
逮捕なし路上での犯行

罰金10万円

  • ひき逃げ
  • 過失運転致死傷
逮捕なし店舗での犯行

事件化せず

  • 風俗トラブル
逮捕なし電車での犯行

罰金30万円

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
逮捕あり店舗での犯行

不起訴

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
逮捕あり電車での犯行

不起訴

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
逮捕なし路上での犯行

不起訴

  • 窃盗
逮捕あり電車での犯行

罰金20万円

  • 痴漢
  • 迷惑防止条例違反
逮捕なし電車での犯行

不起訴

  • 痴漢
  • 迷惑防止条例違反
逮捕ありネット上での犯行

罰金40万円

  • 児童ポルノ
逮捕なし店舗での犯行

不起訴

  • 窃盗
  • 万引き
逮捕なし駅での犯行

罰金50万円

  • 盗撮
  • 迷惑防止条例違反
逮捕あり学校での犯行

罰金10万円

  • 盗撮
  • 住居・建造物侵入
逮捕なしネット上での犯行

事件化せず

  • 児童ポルノ
逮捕なし旅館での犯行

不起訴

  • 盗撮
  • 軽犯罪法違反
逮捕あり店舗での犯行

不起訴

  • 窃盗
  • 万引き
逮捕なし路上での犯行

不起訴

  • 過失運転致死傷
実例の一部を掲載

コラム

公然わいせつで逮捕されたら弁護士に相談!釈放・不起訴の実績豊富な弁護士

公然わいせつ事件の弁護を積極的に扱う弁護士なら、公然わいせつで逮捕された家族をすぐ釈放してほしい、不起訴で前科をつけずに早期解決を図りたい、公然わいせつの被害者と示談して許しが欲しい、などのお悩みを解決できます。アトム法律事務所の解決事例から、公然わいせつ事件の生の実態や示談金の相場まで公開中です。

窃盗で逮捕されたら弁護士に相談を|釈放・不起訴のヒントとは

窃盗の罪は、刑法第二百三十五条に規定された犯罪です。スーパーや書店の万引きにはじまり、他人の家に忍び込んで行うものまで、窃盗の行為態様は様々です。窃盗事件で逮捕されるケースも珍しくなく、その場合にはすぐに弁護士に相談することが大切です。弁護士による示談活動で、早期釈放、早期解決を目指していきましょう。不起訴で前科を回避する方法についても触れていきます。

傷害事件で逮捕|弁護士に相談して早期釈放・不起訴を実現する方法

傷害の罪は、刑法第二百四条に規定された犯罪です。喧嘩をして相手に手を出してしまったり、冗談のつもりでじゃれ合っている中で起こる傷害事件など、その内容は様々です。傷害事件を起こせば、逮捕されることもあります。刑事事件として動き出している以上、早期に弁護士に相談し、事件解決に向けて弁護活動を開始してもらいましょう。特に、被害者への接触は弁護士を通じて行う必要があります。示談で解決するためにも、弁護士への相談は重要です。

【盗撮の弁護士相談】逮捕後の釈放・不起訴の獲得は弁護士の実績で決まる

盗撮事件は日本の刑事事件の中でも多く発生する犯罪類型の一つです。通勤電車の中で行われる盗撮から他人の住居に忍び込んで行われる盗撮まで、その内容は実に様々です。盗撮は逮捕されることも多く、すぐに適切な対応をとらなければ実生活に大きな支障をもたらします。盗撮事件の実績豊富な弁護士なら、早期釈放・不起訴の獲得に早く近づくことができるでしょう。

【強制わいせつで逮捕されたら】弁護士相談は必須?釈放・不起訴の実績を紹介

強制わいせつ罪は、重い刑法犯として刑法に規定されている犯罪です。被害者がいる犯罪であり、性犯罪という性質上、とても繊細な被害者対応が求められます。強制わいせつ罪の弁護活動に詳しい弁護士に、示談の方法やメリット、また、示談金相場を確認しておくことが大切です。示談の進め方や示談金の相場はインターネットでも多数情報を見つけることができますが、すべて正しい情報であるかは不明です。実際に弁護士の法律相談で確認していただくことをお勧めします。

【弁護士解説】傷害事件で示談をする方法とメリット|示談金相場はいくらが正解?

傷害事件はとても身近な犯罪です。「少し手が出ただけなのに、まさか傷害事件になるとは思っていなかった」そのようなケースも多いです。傷害事件を解決するために、示談の方法やメリットを知っておくことは非常に有用です。ここでは示談に関する正しい知識を身につけて、早期解決を目指していきましょう。

強制性交(強姦)事件の示談の方法とメリット|示談金相場を弁護士が解説

強制性交(強姦)という犯罪は、性犯罪の中でも重い刑事責任が予定されています。被害者対応の中で、適切な示談を行うことは必須といえます。強制性交罪(強姦罪)の弁護活動が豊富な弁護士に示談の方法やメリット、また、示談金相場を確認しておくことで、スムーズな事件解決を目指していきましょう。

保釈申請(保釈請求)とは?|保釈される条件と必要な保釈金

ご家族など大切な方が逮捕・勾留され、身柄の拘束が続いている場合「保釈で釈放してほしい」というご要望は少なくありません。しかし、保釈は起訴されなければ申請できず、一定の条件や保釈金の納付が必要になります。 どのような場合に保釈が認められるのか、申請から保釈金の納付の方法、釈放までにかかる時間や手続きの流れを知っておくと、いざという時に早期の釈放を目指すことができます。ここでは保釈の条件や流れに加え、保釈金の相場やお金を確保する方法、についてご説明します。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-431-911 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!