交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 放火の捜査の流れ

放火の捜査の流れ

放火事件では、警察の捜査により被疑者が特定され、任意で取調べを受けたり、逮捕されるケースがあります。
目撃者やパトロール中の警察に現行犯逮捕されるケースもあります。

警察が放火事件を認知した場合

1 警察が放火事件を認知
2 捜査・被疑者特定
3 取調べを受ける

火災調査等により出火原因が放火であることが判明すると、警察は防犯カメラの解析や聞き込み調査などにより被疑者特定に努めます。
被疑者が特定されると、逮捕されて取調べを受けることとなるでしょう。
放火は重大犯罪であるため、証拠隠滅や逃走のおそれがあるとして、逮捕に引き続く勾留により長期間身柄拘束される可能性も高いです。

現行犯逮捕の場合

1 犯行が露見
2 現行犯逮捕
3 警察署へ連行

放火準備中や放火中に目撃者や警察官に犯行が露見して現行犯逮捕されるケースがあります。
逮捕後に警察署へ連行され、取り調べを受けることとなります。
現住建造物等放火の場合は、殺人罪も視野に入れて捜査される可能性があります。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

放火の関連記事

【刑事事件】逮捕後の流れについて

刑事事件の逮捕後の流れをわかりやすく解説。 逮捕されてしまった後の刑事事件には厳格な時間制限がありス…

2021/12/16

勾留とは|勾留の手続と釈放される方法

被疑者勾留と被告人勾留では、様々な違いがあります。勾留期間、勾留中の生活、刑事手続きの段階、これらを…

2021/12/15

逮捕されたらすぐに呼ぶべき弁護士とは|弁護士費用と連絡方法

逮捕されたらすぐに弁護士を呼ぶ必要があります。逮捕後に頼れる当番弁護士、国選弁護士、私選弁護士についてそれぞれの違いを解説。

2021/12/20

逮捕されても不起訴になる?前科をつけない4つのポイント

逮捕はあくまで捜査手段のため、逮捕されてしまったとしても不起訴になる可能性は十分にございます。不起訴…

2021/12/15

刑事事件が報道される基準やリスク、実名報道を避ける方法を解説!

刑事事件が報道されやすいのは、重大事件や被疑者の社会的地位が高い場合、有名人が起こした事件などです。…

2021/12/15