1. »
  2. »
  3. »
  4. ケース1219

解決実績ケース1219路上での過失傷害

プライバシー保護のため、一部情報を加工しています。

事件の概要

路上を自転車で走行中、信号のない交差点において一時停止をする義務を怠り、自転車に乗った被害者女性と接触し転倒させて頭部にけがを負わせたとされるケース。重過失傷害の事案。

弁護活動の成果

情状弁護を尽くし略式罰金となった。

最終処分: 罰金100万円

依頼者の方から寄せられたお手紙

被害者対応の際、一緒に頭を下げてくれました。

事故の被害者の方及びそのご家族へのお見舞いとお詫びのため病院へお伺いした際、ご家族から非常に厳しいお言葉を頂きましたが、先生が傍らで一緒に頭をさげてくださり、同時に冷静さを保ち毅然とした態度でご対応頂き本当に心強く感謝しています。

ks2016016

※担当弁護士と現支部長弁護士は異なる場合があります。
※当時在籍していた弁護士の声を含みます。

事件の詳しい情報

逮捕 なし
(在宅事件)
勾留 -
起訴 あり(略式)
保釈金 -
刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

過失傷害の関連事例

ケース1085

大阪支部

路上での過失傷害

罰金30万円

逮捕 なし
(在宅事件)
勾留 -
示談 -
  • 過失傷害

ケース844

大阪支部

路上での過失傷害

不起訴

逮捕 なし
(在宅事件)
勾留 -
示談 成立
  • 過失傷害