交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. 刑事事件弁護士アトム
  2. »
  3. 法令データベース
  4. »
  5. 文書・証書偽造等の捜査の流れ

文書・証書偽造等の捜査の流れ

文書・証書偽造の事案においては、偽造文書が使われることで犯行が発覚し、検挙されるケースがあります。 詐欺の手段として文書偽造がされた場合、詐欺の被害届により文書偽造について発覚する場合も多いです。

犯行が露見した場合

1 偽造文書使用
2 犯行が発覚
3 検挙

偽造文書が使用され、被害者等に犯行が発覚して被害届が提出されるケースがあります。 被害届提出後、警察は被害者からの聞き込み等の捜査をし被疑者の特定に努めます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。