交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 脱税で適用される刑罰

脱税で適用される刑罰

脱税をすると、関税法、消費税法、地方税法などで処罰される可能性があります。

関税法110条

10年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

第百十条 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 偽りその他不正の行為により関税を免れ、又は関税の払戻しを受けた者
二 関税を納付すべき貨物について偽りその他不正の行為により関税を納付しないで輸入した者

※態様により併科もあり得る

偽りその他不正の方法により関税を免れ、またはその払い戻しを受けたり、関税を納付しないで輸入した場合、この条文により処罰されます。
「密輸をして関税を払わなかった」といった態様が典型例です。

消費税法64条1項1号

10年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

第六十四条 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 偽りその他不正の行為により、消費税を免れ、又は保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税を免れようとした者

※態様により併科もあり得る

偽りその他不正の方法により消費税を免れた場合、この条文により処罰されます。
海外からの輸入品についても消費税の支払い対象となるものがあるため、密輸等をした場合、関税法のみならず消費税法の面からも処罰される可能性があります。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

脱税の関連記事

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2021/12/15

【刑事事件】逮捕後の流れについて

刑事事件の逮捕後の流れをわかりやすく解説。 逮捕されてしまった後の刑事事件には厳格な時間制限がありス…

2021/12/16

逮捕されたらすぐに呼ぶべき弁護士とは|弁護士費用と連絡方法

逮捕されたらすぐに弁護士を呼ぶ必要があります。逮捕後に頼れる当番弁護士、国選弁護士、私選弁護士についてそれぞれの違いを解説。

2021/12/20

逮捕と書類送検の違いとは|身体拘束の有無がポイント

今回は、逮捕と書類送検の違いについてお話しました。どちらも、捜査の初期の刑事手続きですが、早い段階で…

2022/01/11

警察から呼び出しを受けた|2回目も無視できる?弁護士は呼ぶべき?

警察からの呼び出しには、参考人や被疑者に対して任意捜査のために行うものなどがあります。任意捜査のため…

2021/12/16