交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. 刑事事件弁護士アトム
  2. »
  3. 法令データベース
  4. »
  5. 虐待の有名裁判例

虐待の有名裁判例

虐待は児童に対してなされる場合が多く、家庭内・学校内などで問題となっています。
ここでは、教員による暴行が懲戒権の範囲内として無罪とされた裁判例をご紹介します。

教員の生徒への暴行が懲戒権の許容限度内であるとした裁判例

裁判所名: 東京高等裁判所 事件番号: 昭和55(う)第292号 判決年月日: 昭和56年4月1日

判決文抜粋

「外形的には(被害者)の身体に対する有形力の行使ではあるけれども、学校教育法一一条、同法施行規則一三条により教師に認められた正当な懲戒権の行使として許容された限度内の行為と解するのが相当である」

弁護士の解説

中学校の教師が生徒の頭部を数回軽く殴打した事案で、刑法35条の正当行為として違法性が阻却され暴行罪が不成立となった裁判例です。
教師には学校教育法により懲戒権が認められており、懲戒権の範囲内か否かの判断は、生徒の年齢、性別、性格、成育過程、身体的状況、非行等の内容、懲戒の趣旨、有形力行使の態様・程度、教育的効果、身体的侵害の大小・結果等を総合して行われます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。