全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 不法投棄/廃棄物処理法違反で適用される刑罰

不法投棄/廃棄物処理法違反で適用される刑罰

廃棄物を不法投棄ないし不法焼却したり、無許可で廃棄物を業として回収したりした場合、廃棄物処理法違反として処罰される可能性があります。

廃棄物処理法25条1項14号

5年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

第十六条 何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。
第二十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する
十四 第十六条の規定に違反して、廃棄物を捨てた者

※態様により併科もあり得る

「廃棄物」とは、ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物で、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによつて汚染された物を除く)をいいます。

廃棄物処理法25条1項15号

5年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

第十六条の二 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
一 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却
二 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
三 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの
第二十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
十五 第十六条の二の規定に違反して、廃棄物を焼却した者

※態様により併科もあり得る

風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却や、農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却、たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却でかつ軽微なものなどは政令で焼却禁止の例外として定められているため、処罰されません。

廃棄物処理法25条1項1号

5年以下の懲役
もしくは1000万円以下の罰金

第二十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 第七条第一項若しくは第六項、第十四条第一項若しくは第六項又は第十四条の四第一項若しくは第六項の規定に違反して、一般廃棄物又は産業廃棄物の収集若しくは運搬又は処分を業として行つた者

※態様により併科もあり得る

無許可で一般廃棄物又は産業廃棄物の収集・運搬・処分を業務として行った場合、この条文により処罰されます。
産業廃棄物とは、事業活動に伴つて生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物などをいい、一般廃棄物とは、産業廃棄物以外の廃棄物をいいます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

不法投棄/廃棄物処理法違反の関連記事

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2022/06/23
atom eyecatch 12175

【刑事事件】逮捕後の流れについて

刑事事件の逮捕後の流れをわかりやすく解説。 逮捕されてしまった後の刑事事件には厳格な時間制限がありス…

2022/06/10
pixta 34667131 L

不法投棄とは?|廃棄物処理法違反で逮捕が不安なら弁護士に相談

廃棄物処理法違反になる不法投棄の内容を詳しく解説します。アトム法律事務所では、弁護士による無料の法律…

2022/01/24
検察庁から呼び出されたら不起訴は無理?|呼び出しの理由と対応方法

検察庁から呼び出されたら不起訴は無理?|呼び出しの理由と対応方法

釈放から数か月後に検察庁から呼び出しが来るケースは少なくありません。検察庁に呼び出されたら、不起訴は…

2022/05/25
在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件でも逮捕される可能性や起訴される可能性があります。不起訴処分を獲得するために、少しでも早い段…

2022/06/09