全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 住居・建造物侵入で適用される刑罰

住居・建造物侵入で適用される刑罰

正当な理由なく人の住居や邸宅、建造物等に侵入したり、退去するように言われたのに退去しなかったりした場合、刑法130条住居侵入等罪に問われ得ます。
実務上は盗撮や窃盗について、迷惑防止条例や窃盗罪に問えない態様のとき等に適用されるケースも多いです。

刑法130条前段 住居侵入

3年以下の懲役
または10万円以下の罰金

正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し(略)た者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

違法に人の住居や建造物に侵入した場合、本罪が成立し得ます。
実務上、たとえば盗撮目的で更衣室に侵入する等の犯罪にも本罪が適用されるケースがあります。

刑法130条後段 不退去罪

3年以下の懲役
または10万円以下の罰金

(略:人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船において)要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

適法または過失により人の住居等に立ち入ったとき、退去するよう要求をうけたのに退去しなかった場合本罪に問われる可能性があります。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

住居・建造物侵入の関連記事

不法侵入(住居侵入罪)で逮捕されたら弁護士にご相談ください

不法侵入(住居侵入罪)で逮捕されたら弁護士にご相談ください

住居侵入罪で逮捕されたらどういう刑罰を受けるのか、釈放や不起訴をしてもらうためにどうしたらいいのか、…

2022/05/11
盗撮として犯罪になる行為や状況と弁護士の対応について解説

盗撮が犯罪になるケースと法律|迷惑防止条例・軽犯罪法

この記事ではどのような行為や状況が盗撮として犯罪になるのかということや盗撮犯罪を行ってしまった場合に…

2022/01/14