交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. 刑事事件弁護士アトム
  2. »
  3. 法令データベース
  4. »
  5. 住居・建造物侵入の捜査の流れ

住居・建造物侵入の捜査の流れ

建造物等侵入は、窃盗など他の犯罪を達成する手段としてなされることが多いです。 被害者や目撃者による通報を受け、警察が現行犯逮捕するケースがあります。 防犯カメラから犯行が発覚し、取調べを受けたり、後日逮捕されるケースもあります。

現場で捕まった場合

1 犯行が露見
2 通報
3 現行犯逮捕

まず被害者や目撃者に犯行が露見し、通報されるケースが考えられます。 その後は、臨場した警察官によって取り押さえられ、警察署で犯行動機など他の犯罪に関連して取調べを受けることとなるでしょう。

被害届が提出された場合

1 防犯カメラに記録
2 被害届提出
3 捜査

その場で取り押さえられなかった場合であっても、住居等の異変に気付いた被害者によって通報が行われるケースも考えられます。 被害届の提出や告訴を受けた警察は、防犯カメラの解析や聞き込み調査など捜査を開始し、被疑者特定にいたればその後、出頭要請や任意同行、逮捕により警察署で取調べを受けることになるでしょう。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。