全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. リベンジポルノで適用される刑罰

リベンジポルノで適用される刑罰

リベンジポルノは「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」(リベンジポルノ被害防止法)によって処罰されます。
「私事性的画像記録」とは、「性交や性交類似行為をしている人の姿」のほか、性欲を興奮・刺激させる内容の「他人が人の性器等を触る」「人が他人の性器等を触る」「殊更に人の性的な部位が露出又は強調されている」内容のものが映ったものを指します。

リベンジポルノ被害防止法3条1項、2項 私事性的画像記録提供等

3年以下の懲役
または50万円以下の罰金

第三条
第三者が撮影対象者を特定することができる方法で、電気通信回線を通じて私事性的画像記録を不特定又は多数の者に提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 前項の方法で、私事性的画像記録物を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者も、同項と同様とする。

被写体を特定することができる方法で、「私事性的画像」を不特定または多数の人が認識できるような状態にした場合、この罪に問われます。
「性器等」とは、性器、肛門又は乳首を、「性的な部位」とは、性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいいます。

リベンジポルノ被害防止法3条3項(私事性的画像記録提供等)

1年以下の懲役
または30万円以下の罰金

第三条
3 前二項の行為をさせる目的で、電気通信回線を通じて私事性的画像記録を提供し、又は私事性的画像記録物を提供した者は、一年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

不特定または多数の人が認識できる状態にしなくとも、先述の行為をさせる目的で性的画像を提供した場合、この罪に問われます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

リベンジポルノの関連記事

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

逮捕されたらその後どのような流れで手続が進行するのでしょうか。逮捕の種類や、釈放されるためにとるべき…

2022/06/01
刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件の示談をすることによって、被害届が取下げられる、早期釈放される、不起訴処分が得られる、刑事処…

2022/06/09
弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2022/06/23
atom bengoshi 10

刑事事件を弁護士に無料相談する手順やメリットを解説

弁護士に法律相談をする手順やメリット、実際の弁護活動の内容を解説。 刑事事件でお困りの方はアトム法律事務所にご相談ください。

2022/01/11
在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件でも逮捕される可能性や起訴される可能性があります。不起訴処分を獲得するために、少しでも早い段…

2022/06/09