1. »
  2. »
  3. 出入国管理法違反等で適用される刑罰

出入国管理法違反等で適用される刑罰

海外から来た外国人を不当に働かせたりした場合には出入国管理法違反として処罰されます。

出入国管理法73条の2

3年以下の懲役
または300万円以下の罰金
もしくは併科

第七十三条の二 次の各号のいずれかに該当する者は、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者
二 外国人に不法就労活動をさせるためにこれを自己の支配下に置いた者
三 業として、外国人に不法就労活動をさせる行為又は前号の行為に関しあつせんした者

不法就労というのは、「不法滞在の人を働かせる」「就労許可を得ていない人を働かせる」「就労制限以外の仕事をさせる」といった行為を差します。
これら行為をさせた雇用者には刑罰が科されます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。