交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276

痴漢の捜査の流れ

痴漢事案の多くは、被害者や目撃者などによって現場で拘束をうけてそのまま駅員室に連行されるといった流れをとります。 また仮に現場で拘束をうけなかった場合でも、被害者による被害届の提出や告訴などから警察が捜査を開始する場合もあります。 なお昨今、痴漢の事案ではすぐに身柄を釈放して在宅事件とする運用が定着しつつあると言われています。

現行犯逮捕の場合

1 現場で拘束
2 駅員室に連れて行かれる
3 警察官に引渡し

痴漢事案の多くは、被害者や目撃者などにより現場で拘束をうけるケースが多いです。 現場で拘束をうけた後には、駅員室にまで連れて行かれて警察への通報が行われます。 通報を受けた警察官は当該の駅員室にまで駆けつけ、容疑者を警察署にまで連行します。

現場から逃亡した場合

1 現場から逃亡
2 被害届等提出
3 捜査開始

現場から逃亡したケースでは、被害者によって被害届が提出されたり告訴が行われたりする場合があります。 被害届が提出された事件については警察官の判断により、告訴が行われた事件については必ず、その事件についての捜査が開始されます。 防犯カメラの解析や、改札機の入退場記録の解析などから被疑者が割り出され、罪に問われる可能性もあります。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-631-276 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!