交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. 刑事事件弁護士アトム
  2. »
  3. 法令データベース
  4. »
  5. 風俗トラブルの捜査の流れ

風俗トラブルの捜査の流れ

風俗トラブルの多くは刑事事件化しません。 風俗店における本番行為や盗撮行為は民事事件としての側面が強く、警察も積極的には介入しない傾向があるのです。 ただし、風俗店側とトラブルになるケースは多く、場合によっては恐喝等の被害を受けるケースもあります。

示談金請求される場合

1 店舗が被害を把握
2 個人情報を取られる
3 示談金を請求される

風俗トラブルの多くは本番行為や盗撮など女性が自身の受けた被害を店舗に報告するところから始まります。 報告を受けた店舗スタッフは、違反行為を行った男性に詰め寄り身分証の提示を求めるなどします。 身分証のコピーがとられた後、法外な示談金を請求されるという流れになります。

嫌がらせをされる場合

1 店舗が被害を把握
2 個人情報を取られる
3 嫌がらせ行為を受ける

より悪質な店舗では、執拗に電話をかける、職場にも電話をかける、家の周りを徘徊するなど嫌がらせ行為を行って示談金を支払うよう強要してくる場合もあります。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。