交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 監禁で適用される刑罰

監禁で適用される刑罰

人を監禁した場合、刑法の逮捕・監禁罪によって処罰され得ます。
この法令において、逮捕とは人の身体に対して直接的な拘束を加えて行動の自由を奪うこと、監禁とは人が一定の区域から出ることを不可能にするか著しく困難にすることをいいます。

刑法220条 逮捕及び監禁

3か月以上7年以下の懲役

不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、三月以上七年以下の懲役に処する。

監禁というと部屋の中等に物理的に閉じ込めるイメージがあるかと思います。
しかし判例では物理的に脱出が容易でも暴行や脅迫等によって立ち去ることが著しく困難になっていた場合などについては監禁にあたると認められています。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

監禁の関連記事

【刑事事件】逮捕後の流れについて

刑事事件の逮捕後の流れをわかりやすく解説。 逮捕されてしまった後の刑事事件には厳格な時間制限がありス…

2021/12/16

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2021/12/15

検察庁から呼び出されたら不起訴は無理?|呼び出しの理由と対応方法

釈放から数か月後に検察庁から呼び出しが来るケースは少なくありません。検察庁に呼び出されたら、不起訴は…

2021/12/20

逮捕されても不起訴になる?前科をつけない4つのポイント

逮捕はあくまで捜査手段のため、逮捕されてしまったとしても不起訴になる可能性は十分にございます。不起訴…

2021/12/15

逮捕されたら会社にバレる?解雇される?弁護士が教える対応法

逮捕されてしまった場合には、無断欠勤や報道により会社にバレてしまう可能性があり、その刑事処分の結果に…

2021/12/15