全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 恐喝で適用される刑罰

恐喝で適用される刑罰

恐喝は刑法249条の恐喝罪によって処罰されます。
恐喝とは相手方の反抗を抑圧するには至らない程度の暴行または脅迫を加えて金銭を要求したりする等の行為を言います。
相手方の犯行を抑圧するレベルの暴行または脅迫を行った場合、強盗罪として処罰されるでしょう。

刑法249条 恐喝

10年以下の懲役

人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

恐喝における「脅迫」とは、相手方の生命や身体に危害をくわえる旨を告知する行為の他、犯罪の事実を警察に通報する旨を告知したり、秘密等を記事にして掲載する等と告知したりする行為も含まれます。
なお恐喝罪は未遂も罰せられるため、恐喝後実際に金銭等が得られなかった場合であっても罪に問われます。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

恐喝の関連記事

pixta 15089921 M

恐喝で逮捕されたら弁護士へ相談を|不起訴になって前科を回避

今回、恐喝で逮捕された場合に、不起訴で前科を回避する方法、示談の重要性等について解説しました。ご自身…

2022/06/16
pixta 42040404 L 1

恐喝罪の時効とは?脅迫罪・強要罪・強盗罪との違いも解説

恐喝罪の時効や構成要件について解説。脅迫罪、強要罪、強盗罪との違いもわかります。アトム法律事務所は弁…

2021/12/16