1. »
  2. »
  3. 窃盗で適用される刑罰

窃盗で適用される刑罰

他人の占有する財物を、占有者の意思に反してその占有を侵害し、自己または第三者の占有下に移転した場合、窃盗罪として処罰されます。
ここにいう占有とは、物を事実上支配・管理している状態をいいます。

刑法235条 窃盗

10年以下の懲役
または50万円以下の罰金

第二百三十五条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

「他人の財物」とは他人の占有する財物をいい、自分の物でも他人の占有する物は「他人の財物」とみなされます。
住居に侵入しての窃盗のほか、いわゆる万引きやすりなども窃盗にあたります。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。