交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276

窃盗の捜査の流れ

窃盗の典型例は、万引きや置き引き、空き巣などです。 いずれも現行犯逮捕や、被害届提出を受けて警察の捜査がなされるケースが多いです。 家宅捜索により余罪が発覚する場合があります。

現場で捕まった場合

1 犯行が露見
2 現場で拘束
3 警察に引渡し

被害者や目撃者に犯行が露見し、取り押さえられるケースがあります。 その後は警察署に引き渡されて取調べを受けることとなるでしょう。 余罪が疑われる場合、家宅捜索される可能性もあります。

被害届が提出された場合

1 被害届提出
2 捜査・被疑者特定
3 取調べを受ける

被害者が被害届を提出し捜査が行われるケースもあります。 警察は巡回強化や防犯カメラの解析などを行い、被疑者の特定に努めます。 被疑者として特定されると、任意での取り調べをうけたり、逮捕・家宅捜索がされることになるでしょう。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-631-276 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!