全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 飲酒運転の捜査の流れ

飲酒運転の捜査の流れ

飲酒運転をしている事実が露呈する流れとしては、パトロール中の警察官による職務質問や検問が挙げられます。
また飲酒運転中に交通事故を起こし、その捜査の過程で飲酒の事実が発覚するケースもあります。

職務質問される場合

1 職務質問、検問
2 アルコール検査をうける
3 検挙

警察は幹線道路を定期的にパトロールし、怪しい車両に対しては職務質問を行っています。
また検問所を設けて交通違反の取り締まりを行っているケースもあります。
飲酒が疑われる運転者にはアルコール検査を実施し、酒気帯び/酒酔い運転に該当していた場合にはそのまま検挙します。

交通事故を起こした場合

1 交通事故を起こす
2 警察が捜査を開始
3 飲酒運転発覚

飲酒運転をしている最中に交通事故を起こしてしまった場合には、その後臨場する警察官によって飲酒の事実についても把握されることでしょう。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。