交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276

飲酒運転の捜査の流れ

飲酒運転をしている事実が露呈する流れとしては、パトロール中の警察官による職務質問や検問が挙げられます。 また飲酒運転中に交通事故を起こし、その捜査の過程で飲酒の事実が発覚するケースもあります。

職務質問される場合

1 職務質問、検問
2 アルコール検査をうける
3 検挙

警察は幹線道路を定期的にパトロールし、怪しい車両に対しては職務質問を行っています。 また検問所を設けて交通違反の取り締まりを行っているケースもあります。 飲酒が疑われる運転者にはアルコール検査を実施し、酒気帯び/酒酔い運転に該当していた場合にはそのまま検挙します。

交通事故を起こした場合

1 交通事故を起こす
2 警察が捜査を開始
3 飲酒運転発覚

飲酒運転をしている最中に交通事故を起こしてしまった場合には、その後臨場する警察官によって飲酒の事実についても把握されることでしょう。

刑事事件でお困りの方へ

突然の逮捕・呼び出し…解決への第一歩は早めのお電話から始まります

0120-631-276 ※ 新型コロナ感染予防の取組

恐れることなくアトムの相談予約窓口までお電話を!