交通事故・刑事事件に加えてネット削除依頼等の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. 淫行で適用される刑罰

淫行で適用される刑罰

いわゆる淫行とは「18歳未満と性行やみだらな行為、その類似行為等を行う」という犯罪で、態様により適用される法律が異なります。
また淫行は、双方同意の上での行為だったとしても罪に問われる可能性があります。

青少年保護育成条例

2年以下の懲役
または100万円以下の罰金

第十八条の六 何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。
第二十四条の三 第十八条の六の規定に違反した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

※東京都の場合

淫行条例は各都道府県が独自に定めている条例で刑罰の内容等に差異があり、都では「みだらな」性交等を禁じています。
警視庁によると婚約関係やそれに準じる真摯な関係にあるものは処罰の対象外とされていますが、それが証明されない限り検挙・起訴される可能性についても捨てきれません。

児童福祉法34条1項6号

10年以下の懲役
もしくは300万円以下の罰金

第三十四条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
六 児童に淫(いん)行をさせる行為
第六十条 第三十四条第一項第六号の規定に違反した者は、十年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

※態様により併科もあり得る

「自分以外の誰かと児童を淫行させる行為」が処罰の対象となります。
また「児童と自己とが淫行をした」という態様についても、「事実上の影響力を児童に及ぼた(教師の立場を利用した等)」「児童が淫行をすることを助長し促進した」という事実が認められた場合にはこの法律によって処罰され得ます。

刑法177条 強制性交等

5年以上の有期懲役

十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

13歳未満の者に対して性交等をした場合には相手方の同意の有無を問わず強制性交等罪に問われ得ます。
仮に有罪となった場合、通常は執行猶予もつきません。
なお、被害者が13歳未満であることを認識していなかった場合にはこの罪は成立しません。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

淫行の関連記事

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

逮捕されたらその後どのような流れで手続が進行するのでしょうか。逮捕の種類や、釈放されるためにとるべき…

2021/12/15

刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件の示談をすることによって、被害届が取下げられる、早期釈放される、不起訴処分が得られる、刑事処…

2021/12/15

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2021/12/15

淫行の時効とは?|未成年淫行で逮捕や起訴が不安なら弁護士に相談!

  • #淫行

淫行の公訴時効をわかりやすくまとめました。時効が気になる方は不安を抱えたままにせず、ぜひ一度アトム法…

2021/12/16

刑事事件を弁護士に無料相談する手順やメリットを解説

弁護士に法律相談をする手順やメリット、実際の弁護活動の内容を解説。 刑事事件でお困りの方はアトム法律事務所にご相談ください。

2022/01/11