全国24時間 0120-631-276
  1. »
  2. »
  3. リベンジポルノの有名裁判例

リベンジポルノの有名裁判例

リベンジポルノ被害防止法は、第三者が被害者を特定することができる方法で、画像等を不特定又は多数の者に提供したり、公然と陳列したりすることを処罰しています。
ここでは、「公然と陳列」されたか否かについて争われた裁判例についてご紹介します。

リベンジポルノ被害防止法3条2項における「公然」について争われた裁判例

裁判所名: 大阪高等裁判所 事件番号: 平成29年(う)第136号 判決年月日: 平成29年6月30日

判決文抜粋

「(オンライン上のストレージサービス内に)データを公開設定した時点では,その公開URLが発行されたにすぎないから,いまだ第三者が同URLを認識することができる状態になかった」
「URLを明らかにした相手は被害者のみであったため,ここでも第三者が同URLを認識し得る状態にはなかった」

弁護士の解説

オンライン上のストレージサービス内に被害者の裸体等を写した画像・動画データを保存し、公開設定をしてその公開用URLの発行を受け、被害者のみにそのURLを送ったという事例で、「公然と陳列」したと認められなかったため、一部無罪となった裁判例です。
「公然と陳列」とは、不特定又は多数の者が認識できる状態に置くことをいいますが、この事案では、不特定または多数人がURLひいてはデータを認識し得る状況になかったため、これにあたらないとされました。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-631-276
岡野武志弁護士
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)

※ 無料相談の対象は警察が介入した刑事事件加害者側のみです。警察未介入のご相談は有料となります。

リベンジポルノの関連記事

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

逮捕されたら|逮捕の種類と手続の流れ、釈放のタイミングを解説

逮捕されたらその後どのような流れで手続が進行するのでしょうか。逮捕の種類や、釈放されるためにとるべき…

2022/06/01
刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件で示談をすべき5つの理由|示談金の相場も紹介

刑事事件の示談をすることによって、被害届が取下げられる、早期釈放される、不起訴処分が得られる、刑事処…

2022/06/09
弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

弁護士が教える怖い警察の取り調べへの対応法|録音や拒否はできる?

取り調べでは、録音することは法的に禁止されていませんし、任意の取り調べであれば拒否をすることもできま…

2022/06/23
atom bengoshi 10

刑事事件を弁護士に無料相談する手順やメリットを解説

弁護士に法律相談をする手順やメリット、実際の弁護活動の内容を解説。 刑事事件でお困りの方はアトム法律事務所にご相談ください。

2022/01/11
在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件の流れを解説|逮捕される刑事事件との違いは?

在宅事件でも逮捕される可能性や起訴される可能性があります。不起訴処分を獲得するために、少しでも早い段…

2022/06/09