交通事故・刑事事件に加えて借金問題・労働問題の対応を本格化しています。

全国24時間 0120-431-911
  1. »
  2. »
  3. 軽犯罪法違反の捜査の流れ

軽犯罪法違反の捜査の流れ

軽犯罪法違反の典型は、のぞきや刃物の所持です。 被害者や目撃者に取り押さえられたり、通報されたりして、臨場した警察官に警察署へ連行されるケースがあります。 また、職務質問を受けて犯行が発覚し現行犯逮捕されるケースもあります。

現場で拘束・通報された場合

1 現場で拘束・通報
2 警察官が臨場
3 警察署へ連行

のぞきなどにおいては、被害者等に現場で拘束・通報されるケースが考えられます。 臨場した警察官に警察署へ連行され、取調べを受けることになるでしょう。

職務質問された場合

1 職務質問・所持品検査
2 犯行発覚
3 取調べ

正当な理由のない刃物の所持などにおいては、職務質問・所持品検査を受けて犯行が発覚するケースが多いです。 その場合、警察署へ連行されて取調べを受けることになるでしょう。 態様によっては現行犯逮捕される可能性も否定できません。

刑事事件でお困りの方へ
無料相談予約をご希望される方はこちら
24時間365日いつでも相談予約受付中 0120-431-911
※ 新型コロナ感染予防の取組(来所相談ご希望の方へ)